資格試験勉強を継続させるコツ。疲労回復力を高める方法。

勉強

資格試験勉強を毎日頑張ってしていますか?

社会人が資格試験勉強をしていて疲れがたまるのは、今までの日常生活リズムの中に「資格試験勉強」というカテゴリーを追加したからなんです。

資格試験勉強をはじめる理由は人それぞれですが、「少しでも今より生活を良くしたい」「キャリアを磨きたい」と思い、資格試験勉強をはじめる方は結構多いのではないでしょうか?

私もそうです。

ただ、勉強自体が生活の中心にあった学生のころと違って、社会人になってからの勉強は思っていた以上に過酷です。

働く主婦ならなおさらです。

大変なら、資格試験勉強なんてやめて今までの日常生活に戻せばいいじゃん。

そんな声も聞こえてきそうですが、すんなり日常に戻すくらいならはじめから資格試験勉強なんてはじめていません。

「資格試験勉強で疲れる」というなら

「疲れのもととなる資格試験勉強を排除する」ではなく、

「疲れを回復する力を高めよう」という視点をもつ。

資格試験に合格して、自分の生き方を豊かにするために、資格試験勉強を継続し続けられる疲労回復力を身に付けたい!

スポンサーリンク

疲労のメカニズム。疲労による身体や日常への影響

疲れ

通常、休息か睡眠をとることで改善されるはずの疲労。

「それほど疲れることをしていないのに・・・」
「ちゃんと寝ているはずなのに・・・」

朝から身体が重たいと感じることってありませんか?

疲労がたまるのは、回復力が低下していることが考えられます。

回復力が低下する原因

1 活動エネルギー不足
2 身体の酷使
3 ストレスによる精神的な負荷
4 自律神経の乱れ
5 病気の影響

回復力が低下していると、「身体が重い」「だるい」「気分がすぐれない」といった症状につながります。

また、疲労がたまることで日常生活にも影響がでてきます。

疲労による日常生活への影響

1 注意散漫
2 思考力低下
3 行動量低下
4 動作が緩慢

これでは、資格試験勉強どころか、会社や家事でもいつものようにできなくなり、周りの方に心配や迷惑をかけてしまいますよ。

さらに疲労による日常生活への影響を無視してそのまま放置すると、心や身体にも影響がでてきます。

疲れによる負のスパイラル「肩こり・腰痛・眼精疲労」

負のスパイラル

筋肉は疲れると硬くなります。そうなると血流が悪くなり、筋肉・血管・末梢神経が互いに影響し合いながら、「負のスパイラル」を繰り返し、しつこい肩こり・腰痛・眼精疲労を引き起こします。

さらに血流障害や老廃物の蓄積により、風邪などの感染症や生活習慣病にかかりやすくなり、「負のスパイラル」はさらに加速していきます。

疲労回復力を高める栄養素

回復

まずは、それぞれの疲労の場所にきく栄養素の入った食事をとることで疲労回復力を高めましょう!

筋肉疲労に!ビタミンB1

筋肉や神経の疲れを和らげる働きがあり、「疲労回復のビタミン」とも呼ばれています。
主な食品:豚肉、うなぎ、玄米など

細胞の再生に!ビタミンB2

細胞の再生や、全身の成長・維持を助けます。発育や美容に関わるビタミンです。
主な食品:レバー、うなぎ、牛乳など

末梢神経のダメージに!ビタミンB12・B6

ビタミンB6は筋肉の再生を助け、ビタミンB12と共に神経を修復します。
主な食品:(B12)レバー、牡蠣 (B6)カツオ

血行不良に!ビタミンE

毛細血管を広げて血流を改善する働きがあり、優れた抗酸化作用から「若返りのビタミン」とも呼ばれています。
主な食品:かぼちゃ、ナッツ、ひまわり油など

心がけよう!疲れにくい体をつくる習慣!

疲れにくい体を作る習慣

次に、疲れにくい体つくりを心がけましょう!

疲れにくい体をつくるには、「十分な睡眠・休養」「バランスの良い食生活」「お風呂にゆっくり浸かる」「マッサージをうける」などがあります。

軽い運動も疲労回復にオススメです。

縮んだ筋肉を動かすことで血流を良くし、結果、酸素や影響が隅々まで行き渡り、回復を早めます。

スポンサーリンク

まとめ

希望

回復力が低下する原因

1 活動エネルギー不足
2 身体の酷使
3 ストレスによる精神的な負荷
4 自律神経の乱れ
5 病気の影響

疲労による日常生活への影響

1 注意散漫
2 思考力低下
3 行動量低下
4 動作が緩慢

疲労回復力を高める栄養素

・ビタミンB1・・・筋肉疲労を和らげる!(主な食品:豚肉、うなぎ、玄米など)
・ビタミンB2・・・細胞の再生を助ける!(主な食品:レバー、うなぎ、牛乳など)
・ビタミンB12・B6・・・末梢神経のダメージを修復!(主な食品:(B12)レバー、牡蠣 (B6)カツオ)
・ビタミンE・・・血行不良を改善!(主な食品:かぼちゃ、ナッツ、ひまわり油など)

疲れにくい体をつくる習慣

・十分な睡眠・休養
・バランスの良い食生活
・お風呂にゆっくり浸かる
・マッサージをうける など

社会人が資格試験勉強をしていて疲れがたまるのは、今までの日常生活リズムの中に「資格試験勉強」というカテゴリーを追加したからです。

「資格試験勉強で疲れる」というなら「疲れのもととなる資格試験勉強を排除する」ではなく「疲れを回復する力を高めよう」という視点をもつ。

資格試験に合格して、自分の生き方を豊かにするために、資格試験勉強を継続し続けられる疲労回復力を身に付けましょう!

学習効率を高める記事はこちら

>>>資格勉強で睡眠時間を削る人へ、1つの習慣で睡眠不足を解消!

>>>社会人の為の資格勉強時間が短縮できる5つの法則

>>>資格勉強にまとめノートは役に立たない?記憶に残すノート活用法

>>>資格勉強の仕方!主婦が独学で資格をとる方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする