「キミスイ」映画キャスト&あらすじ!原作と一味違う楽しみ方♪

君の膵臓をたべたい②

引用:映画『君の膵臓をたべたい』オフィシャルサイト

映画「君の膵臓をたべたい」は、2017年7月28日(金)全国ロードショーです。

「キミスイ」の通称でファンから親しまれている原作と、映画では少し違うストーリーになっていると聞き、気になって登場人物とキャストを調べてみました。

そこで、ちょっと原作とは違う映画の楽しみ方を発見!

登場人物&キャストとあらすじ紹介しながら、映画「キミスイ」の楽しみ方を紹介いたしますね~。

スポンサーリンク

映画の登場人物&キャスト(原作と同じ)

【僕】×北村匠海

【僕】

図書委員。
他人に興味がなく、いつも本を読んでいる、クラスいち地味な少年。
病院で偶然「共病文庫」を拾ったことをきっかけに桜良と急接近し、桜良の「仲良しくん」としてクラスの噂の的になる。

北村匠海(きたむらたくみ)

1997年11月3日生まれ。東京都出身。

小学3年生のときにスカウト。スターダストプロモーションに所属。
2008年にNHK『みんなのうた』で2月から3月にかけて放送された「リスに恋した少年」で歌手デビュー。そして同年6月公開の『DIVE!!』にて映画初出演。2009年、雑誌『小学六年生』で2009年度読者モデル特別賞を受賞。
2010年夏には俳優ユニットとして始動したEBiDANに所属。2011年12月にEBiDAN内ユニットのダンスロックバンド・DISH//のメンバー。バンド内ではリーダーとメインボーカルとギターを担当。

参照:ウィキペディア

「キミスイ」への意気込みコメント:北村匠海

原作を読んで、純粋に感動して涙が出ました。(桜良と【僕】の)相手を思う距離感や思いの強さを美しく感じ、誰かを必要とすることは、こんなに素敵なことなんだなと思いました。今回演じる【僕】は、”自分の領域”を持っている孤独な子なんですが、(桜良と出会ってから)どんどん変わっていっていくので、その姿をお芝居で表現できるよう真剣に取り組んでいきたいと思います。月川監督、スタッフの皆さんと共に、僕達の芝居で”心に残る”映画を作っていきたいです。
参照:リアルサウンド


”【僕】×北村匠海”の楽しみポイント

北村匠海さんが演じる【僕】が”自分の領域”を少しづつ広げ変わっていく姿は楽しみですね!

実は、北村匠海さんが憧れている俳優さんは、小栗旬さんなんです。

『TAJOMARU』では小栗旬さんの役の少年時代を演じ、小栗旬の監督作品『シュアリー・サムデイ』にも出演。また、『信長協奏曲』では共演する機会もあった縁のある関係で、自然と目標になる俳優になったとか。

12年後の【僕】を演じる「小栗旬」とこんなに縁が深かったんですね!

山内桜良×浜辺美波

山内桜良

肝臓の病を患う高校2年生。
【僕】のクラスメイト。クラスの人気者で、病を【僕】に知られてから、図書委員に立候補する。病のことは、家族と【僕】以外は誰も知らない

浜辺美波(はまべみなみ)

2000年8月29日生まれ。石川県出身。
2011年、第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』に応募、ニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。東宝芸能のシンデレラルーム所属。同年公開の映画『アリと恋文』主演で女優デビュー
2015年、5月25日に1st写真集『瞬間』をリリース。同年9月21日放送のスペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の本間芽衣子役で注目を集める。
2016年、人気麻雀漫画の実写ドラマ『咲-Saki-』の宮永咲役で連続テレビドラマ初主演

参照:ウィキペディア


「キミスイ」への意気込みコメント:浜辺美波

(オファーを頂いてから)驚きと一緒に、胸にたくさんの感情が溢れでてきて、本当に幸せだと感じています。(原作を読んで)「君の膵臓をたべたい」という言葉を聞いて想像するイメージをいい意味で全部覆されました。桜良ちゃんは、強くて強くて弱い子だと思います。そんな桜良ちゃんを思うと読んでいるうちに切なさと強い想いに涙がこぼれました。桜良ちゃんの元気のよさと強い想いを表せるよう精一杯頑張ります。
参照:リアルサウンド編集部


”山内桜良×浜辺美波”の楽しみポイント

浜辺美波さんが演じる山内桜良の元気よさと強さの裏側にある弱さをどんなふうに表現してくれるのか気になりますね!

『キミスイ』前の作品である主演映画『咲 -Saki-』の完成試写会で、共演者に”浜辺は毎食、絶対コーラを飲んでいてびっくりした”と発言されたとの報道になりました。どうやら冷蔵庫にコーラの1リットルボトルをストックしているとか・・・。

山内桜良がコーラを飲むシーンは原作にはありませんが、浜根美波さん演じる山内桜良さんには、映画劇中で飲んでほしいなと思ってしまったのは私だけでしょうか?


恭子×大友花恋

恭子

桜良の中学時代からの親友。
桜良を心配するあまり、急に仲良くなり始めた【僕】に対して警戒心を抱く。

大友花恋(おおともかれん)

1999年10月9日生まれ。群馬県出身。

雑誌の読者モデルになったことをきっかけに、小学6年生のときに母の協力を得て現在所属している事務所のオーディションを受けて合格し、芸能界入り。
2012年、ドラマ『結婚同窓会 〜SEASIDE LOVE〜』に出演し女優デビュー。ドラマ『悪夢ちゃん』で地上波連続ドラマ初出演。
2013年、ドラマ『幽かな彼女』『夫のカノジョ』に出演するなど、女優としての活動の幅を広げる。雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2013」で、応募総数6,478通の中から専属モデルになる。
2014年、Suzuの曲「step by step」でプロモーション・ビデオに初出演。5月に公開の映画『悪夢ちゃん The 夢ovie』に出演し、スクリーンデビュー

参照:ウィキペディア


”恭子×大友花恋”の楽しみポイント

原作でも、恭子は大好きな桜良と仲良くなっていく【僕】に対する警戒心と敵対心が半端ないです。
『キミスイ』漫画では、般若のような形相にもなっていますが、大友花恋さんがどこまで警戒心と敵対心の半端なさを出してくるか、注目ですね!

ガム君×矢本悠馬

ガム君

いつもガムを噛んでいる【僕】のクラスメイト。
【僕】の唯一の友達?

矢本悠馬(やもとゆうま)

1990年8月31日生まれ。京都府出身。

2003年、映画『ぼくんち』で子役としてデビュー。劇団無所属で演技未経験であったが、「やる気のない演技」が評価されて同作のオーディションに合格し、主人公の弟・一太役を務める。
専門学校卒業後、2011年より大人計画に研究生として参加し、2012年に同研究生の青山祥子・井上尚・菅井菜穂とともに「劇団こまつな」を旗揚げ。
2015年、『ブスと野獣』で連続ドラマ初主演。2016年、大人計画からソニー・ミュージックアーティスツに移籍。

参照:ウィキペディア


”ガム君×矢本悠馬”の楽しみポイント

「やる気のない演技」ってどんな演技?!
矢本悠馬さんが、どんな「ガム君」を演じてくれるのか楽しみですね!

委員長×桜田通

委員長

【僕】のクラスメイトで委員長。
何かと桜良を気にしている。

桜田通(さくらだどおり)

1991年12月7日生まれ。東京都出身。

2005年スカウトされデビュー。
ミュージカル「テニスの王子様」にて主役を務め、2008年にも映画「劇場版さらば仮面ライダー電王ファイナル・カウントダウン」野上幸太郎役で主演。
数々のドラマ・映画出演を経て、2016年にNHK BSプレミアム「初恋芸人」、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』、『こえ恋』など話題作に多数出演。映画『orange-オレンジ』では萩田朔役を演じ好評を得る。
近作ではフジテレビ系『グッドモーニングコール』『嫌われる勇気』などかある。
フジテレビ系『クズの本懐』では粟屋麦役にて主演

参照:桜田通 公式サイト

”委員長×桜田通”の楽しみポイント

桜田通さんの下の名前は、本名なんです。しかも「通(どおり)」という名前の読み方は「桜田通り」に由来しているとか。
自他共に認めるツンデレだそうで、委員長の持つ二面性の演技が期待できますね!

映画の登場人物&キャスト(原作と違う)

ここからが、映画「君の膵臓をたべたい」だけの新しい登場人物です。

高校時代から12年後の【僕】と恭子になっています。
その他、原作にはいない新しい登場人物の紹介もいたします!

12年後の【僕】×小栗旬

12年後の【僕】

高校の国語教師。
母校に赴任後、取り壊しが決まった図書館の蔵書整理を頼まれたことから、12年前の桜良との思い出を回想し始める。

小栗旬(おぐりしゅん)

1982年12月26日生まれ。東京都出身。 

小6の時、内田有紀に憧れて新聞の端っこに書いてあったオーディションに応募。その後エキストラとして活躍。
1998年、ドラマ『GTO』・吉川のぼる役で連続ドラマに初めてレギュラー出演。
2014年公開の『ルパン三世』では実写版のルパン三世を演じることが決まり、10か月間のアクショントレーニングと8キロの減量で役作りをした。
2016年1月23日には『信長協奏曲』主演 織田信長 / 明智光秀 役(二役)、2017年7月14日公開予定の『銀魂』 坂田銀時 役で主演。

参照:ウィキペディア

「キミスイ」への意気込みコメント:小栗旬

原作の純粋さと儚さに心が潤されました。

オファーをうけ、登場しないはずの人物なので正直驚きましたが、制作チームが紡いだ新たな脚本に新たな覚悟を感じ、出演させていただくことにしました。来年、きっと皆様の心を満たす素晴らしい作品が出来上がることを楽しみにして頂けたら、幸せです。若い二人の純粋さとエネルギーを壊さずにバトンを受け取り、作品の一つのピースとなれるよう頑張ります。
参照:リアルサウンド


”12年後の【僕】×小栗旬”の楽しみポイント

小栗旬さんのコメントが謙虚ですね~。
たしかに原作には登場しないはずの人物を演じるってある意味大変なことかもしれません。
そんな状況の中で、制作チームからの熱い想いを感じ取り、若い二人を引き立てる重要な役を快く担ってくれる小栗旬さんは素敵ですね!

12年後の恭子×北川景子

12年後の恭子

実家の花屋で働いており、結婚を目前に控えている。
親友の桜良がしていたイヤリングを今でも大切にしているが、桜良を失った喪失感を未だに抱えている。

北川景子(きたがわけいこ)

1986年8月22日生まれ。兵庫県出身。

高校在学中、17歳の時に地元神戸のモデル事務所にスカウトされ芸能界に入り。
その後、「Seventeen」のオーディションを受け、合格しモデルデビューし、2003年には「ミスSEVENTEEN」に選ばれる。同年、テレビドラマ『美少女戦士セーラームーン』(中部日本放送)の 火野レイ(セーラーマーズ)役で女優デビュー。
2006年5月13日公開の『間宮兄弟』で映画初出演。2007年10月クールのテレビドラマ『モップガール』(テレビ朝日)で連続ドラマ初主演。2008年7月クールのテレビドラマ『太陽と海の教室』で、初のフジテレビ月9ドラマのヒロインを演じる。
2018年の『西郷どん』でNHK大河ドラマ初出演予定

参照:ウィキペディア

「キミスイ」への意気込みコメント:北川景子

『君の膵臓をたべたい』のお話をいただいたときはタイトルのインパクトに驚きました。
私は学生の頃、大切な親友を失った女性の役を演じます。監督、小栗さんとも初めてなので現場がとても楽しみです。
参照:リアルサウンド編集部


”12年後の恭子×北川景子”の楽しみポイント

北川景子さんが演じる12年後の恭子が結婚?!
最近、DAIGOと結婚したばかりの北川景子さんのウエディングドレス姿を、今度は映画でも見れちゃうとは!

結婚だなんて、一体、誰と?!

こればかりは映画を見ないとわからないですね~。
しかし、北川景子さんは小栗旬さんと共演したことがなかったんですね!
意外でした~。

栗山×森下大地

栗山

現在の【僕】の教え子。図書委員。

森下大地(もりしただいち)

1998年4月22日生まれ。東京都出身。

将棋棋士の森下卓九段を父に持ち、小学生の時に将棋を覚え、中学生で囲碁を始めると数ヶ月で有段者となる実力を身につける。囲碁のプロ棋士も考えていたが、俳優の養成所に通っていた友人の影響で芸能界に憧れを持つようになり、中学3年の冬に両親には知らせずにアオイコーポレーションのオーディションに応募し合格。父の応援も受けて芸能界入り。
2014年9月に日本テレビ系『金田一少年の事件簿N(neo)』でテレビドラマ初出演。翌2015年にフジテレビ系『残念な夫。』で初のセミレギュラー出演。2016年1月にはオーディションを勝ち抜いてNHK連続テレビ小説『あさが来た』にヒロインの甥・眉山藍之助役で出演。
2017年7月公開予定の『君の膵臓をたべたい』で映画初出演を果たす。

参照:ウィキペディア


宮田一晴×上地雄輔

宮田一晴

恭子が勤める花屋の同僚。

上地雄輔(かみじゆうすけ)

1979年4月18日生まれ。神奈川県出身。

1999年にTBSの連続ドラマ『L×I×V×E』でデビューした。その後は端役で数々のドラマや映画に出演。
2007年6月、『クイズ!ヘキサゴンII』で『スリルな夜・子育ての天才』(2007年)からのゲストとして出演した結果、ゲストとして初の最下位で、珍解答を連発。その後常連出演者となった。また、2007年8月には、同時期に出演していたつるの剛士・野久保直樹とともに「羞恥心」を結成し、2008年4月に歌手デビュー
2015年8月22日に自身のコンサートで地元の同級生との婚姻届出を発表し、同日に自身の公式サイトやブログでも発表。

参照:ウィキペディア

原作にいない映画だけの登場人物の4人が、原作「君の膵臓をたべたい」の世界観を保ちながらどのようにストーリーの展開がなされるのか楽しみですね!

 

スポンサーリンク

 

原作と違う映画のあらすじ

君の膵臓をたべたい引用:映画『君の膵臓をたべたい』オフィシャルサイト

映画「君の膵臓をたべたい」のストーリーが原作と違う?

そう聞いたとき

「あー、どうして変えちゃうのかな~」

と一瞬落胆しました。

好きな作品の映画化は、同じストーリーであってほしいと願うものです

2015年に行われた「実写映画に関するアンケート調査」(株式会社マーシュのモニター対象インターネット調査)の一部をご紹介します。

好きな漫画が実写化されると聞いたときの気持ちは?

・嬉しい 13.7%
・やや嬉しい 22.0%
・何とも言えない 35.3%
・あまり嬉しくない 15.0%
・嬉しくない 14.0%

好きな漫画が実写化されると聞いて、嬉しいと感じている方は、3割強で、しくない又は何とも言えないと感じている方は、7割弱にもなるんですね。

何とも言えない方の理由としては・・・

■嬉しい/やや嬉しい 

漫画とは違ったリアルな映像が見れるから。 ( 20 代男性 )
・自分の好きな作品が注目されるきっかけになるから ( 30 代男性 )
・どんな物語になるのか楽しみだから。 ( 40 代男性 )
・よりその漫画の世界観をイメージしやすくなる から( 20 代女性 )
・どんな俳優さんが起用されるのか楽しみで、嬉しく思います。 ( 30 代女性 )
原作のイメージにどこまで近づけるか楽しみだから。 ( 40 代女性 )

■どちらともいえない

・原作をどれだけ再現できているかによる。( 20 代男性 )
・漫画のイメージと異なる場合もある から ( 30 代男性 )
漫画の世界感が失われそうで 怖い ( 40 代男性 )
・配役などが気に入らなかったら嫌だ から ( 20 代女性 )
・人ではないものがでてくるときは実写化してほしくないので 。 ( 30 代女性 )

■あまり嬉しくない/嬉しくない 

・実写では原作の良さを十分に映像表現できない可能性が高いから。 ( 20 代男性 )
・配役と原作のイメージが合わないのではないかと、不安に なる ( 40 代男性 )
忠実に再現されないから ( 20 代女性 )
・実写になると漫画のイメージが壊れるので ( 40 代女性 )

この調査は好きな漫画の実写化ですが、小説もしかりではないでしょうか。

それでは、「君の膵臓をたべたい」の原作と映画のあらすじを紹介します。

原作あらすじ

主人公である【僕】が病院で偶然拾った1冊の「共病文庫」というタイトルの文庫本。

それは【僕】のクラスメイトである山内桜良 (やまうち さくら) が綴っていた、秘密の日記帳であり、彼女の余命が膵臓の病気により、もう長くはないことが記されていた。

【僕】はその本の中身を興味本位で覗いたことにより、身内以外で唯一桜良の病気を知る人物となる。

「山内桜良の死ぬ前にやりたいこと」に付き合うことにより、【僕】、桜良という正反対の性格の2人が、互いに自分の欠けている部分を持っているそれぞれに憧れを持ち、次第に心を通わせていきながら成長していく。そして【僕】は「人を認める人間に、人を愛する人間になること」を決意。桜良は恋人や友人を必要としない僕が初めて関わり合いを持ちたい人に選んでくれたことにより「初めて私自身として必要されている、初めて私が、たった一人の私であると思えた」と感じていく。

参照:ウィキペディア

映画あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。

彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。

膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。

だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。

桜良の死から12年。

結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。

そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

引用:映画『君の膵臓をたべたい』オフィシャルサイト

あれれ?

映画のあらすじが、高校時代ではなく12年も先の未来からスタートしている?!

実は、原作の小説も漫画もストーリーのはじまりは、「山内桜良(やまうちさくら)」が亡くなった後に【僕】が彼女との日々を回想していくシーンからはじまります。

それでも亡くなってから少し経ってからのこと。

それが、映画では、12年の月日が流れてから高校時代の回想がはじまるのですね!

これはもしかしたら、原作の世界観を保ちつつ、ストーリーの構成を組みなおしたというところでしょうか?!

漫画は原作に忠実だっただけに、映画は、どこが違ってどこまで同じなのか?

不安と同時に、これは、原作の小説と漫画をすでに読んでしまった人も、映画「キミスイ」では、原作とは一味違う世界観を楽しむしかありません!

引用:映画『君の膵臓をたべたい』オフィシャルサイト

 

引用:映画『君の膵臓をたべたい』オフィシャルサイト

 

 

さらに一味違う楽しみ方!映画「キミスイ」×タイムカプセル郵便コラボ!

映画「君の膵臓をたべたい」は、7月28日(金)全国ロードショーです。

映画では、「12年後に届く手紙」がひとつのキーワードになることから、タイムカプセル郵便と映画「君の膵臓をたべたい」のコラボビジュアルが展開中です。

「12年後に届く手紙」?

もしかして、桜良が書き綴っていた「共病日記」のことでしょうか?

原作にはなかった内容に、ますます映画のストーリーがどんな感じになるのか気になります!

タイムカプセル郵便とのタイアップ実施中!

ポスター①

ポスター②

引用:映画『君の膵臓をたべたい』オフィシャルサイト

日本郵趣協会(にほんゆうしゅきょうかい)が通常行っている「タイムカプセル郵便」と映画「君の膵臓をたべたい」とコラボはじめました。

しかし、チラシをよくよく読んでみると・・・

「ご契約期間 最大ご契約期間:10年」

えっ!10年後までしか手紙が出せない?!

後2年、なんとかなりませんか?

日本郵趣協会(にほんゆうしゅきょうかい)さん(笑)

まとめ


映画「君の膵臓をたべたい」は、7月28日(金)全国ロードショーです。

原作では、【僕】が山内桜良が亡くなってからの回想シーンからはじまります。

しかし映画では、12年の月日が流れてから高校時代の回想がはじまるのですね!

原作の小説と漫画をすでに読んでしまった人も、映画「キミスイ」では、一味違う世界観を楽しめるに違いありません!

さらに、映画では、「12年後に届く手紙」がひとつのキーワードになることから、タイムカプセル郵便と映画「君の膵臓をたべたい」のコラボビジュアルが展開中です。

今年の夏は、映画「君の膵臓がたべたい」で決まりですね!!

「君の膵臓をたべたい」に関する他の記事はこちらからどうぞ

>>君の膵臓をたべたい(キミスイ)の聖地は「福」が付く2つの県!

>>君の膵臓をたべたい(キミスイ)漫画版は小説のネタバレあり?!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする