MOSテキストはFOM出版の対策テキスト&問題集のみでOK!

2016

こんにちは。ひちです。

MOS2016が2017年1月より随時試験開始されていきます。

MOS2010、2013をすでにお持ちでマスターを目指される方、これから2010、2013もしくは2016を取得しようとされている方にとって、2010、2013、2016とではテキストに違いはあるのか、どれを使えばいいのか気になるところですね。

私がおすすめするMOSテキストはFOM出版のよくわかるマスターのシリーズです。

1冊あれば試験対策に十分に役立ち、合格に導いてくれま

その理由を、実際にFOM出版テキストで使って、MOS Word2007、Excel2007、PowerPoint2010取得の経験からお話致します。

MOSにFOM出版テキストが有効な3つの理由

私は、MOS PowerPoint2010取得の際には、1冊の4分の1にあたる模擬試験を1日独学しただけで合格できました。

MOSにFOM出版テキストが有効な理由は3つあります。

1つめは、MOS2010、2013、2016の出題形式の変化にしっかり対応していること

2つめは、テキストの後半にある模擬試験が本番さながらの役割を果たせること

3つめは、MOSの概要や本試験に挑む前の試験イメージの確認、心構えなど、きめ細やかな配慮が行き届いていること

この3つの理由をさらに詳しく説明いたします。

MOS2010、2013、2016の出題形式の変化にしっかり対応している

MOS出題形式

MOS2010、2013、2016のそれぞれの試験では出題される形式が全く違います。

それぞれの特徴を説明します。

MOS2010出題形式:一問一答形式とは?

MOS 2010は、「一問一答」形式で、問題数が25~45問程度が出題されるも、前後の問題は互いに関連がないので、クイズに解答するような試験でした。

MOS2010:おすすめテキスト

MOS Excel 2010対策テキスト&問題集(FPT1031)

 

MOS Word 2010対策テキスト&問題集(FPT1032)

 

MOS PowerPoint 2010対策テキスト&問題集(FPT1104)

 

MOS Access 2010対策テキスト&問題集(FPT1110)

 

MOS Excel 2010 Expert対策テキスト&問題集(FPT1106)

 

MOS Word 2010 Expert対策テキスト&問題集(FPT1107)

 

MOS2013出題形式:ファイル型形式とは?

MOS 2016は、「マルチプロジェクト」という形式に変わります。MOS 2013の”より現実に近い操作”という特色を活かしつつ、より広範囲な操作スキルを問う形式に改善されました。マルチプロジェクトの「プロジェクト」は、操作を行うファイルを示します。

MOS2013:おすすめテキスト

MOS Excel 2013対策テキスト& 問題集〈改訂版〉(FPT1501)

 

MOS Word 2013対策テキスト& 問題集〈改訂版〉(FPT1502)

 

MOS PowerPoint 2013対策テキスト& 問題集〈改訂版〉(FPT1421)

 

MOS Access 2013対策テキスト& 問題集〈改訂版〉(FPT1422)

 


MOS Excel 2013 Expert Part1対策テキスト& 問題集
(FPT1405)

 

MOS Word 2013 Expert Part1対策テキスト& 問題集(FPT1406)

 

MOS Excel 2013 Expert Part2対策テキスト& 問題集(FPT1413)

 

MOS Word 2013 Expert Part2対策テキスト& 問題集(FPT1414)

 

MOS2016出題形式:マルチプロジェクト形式とは?

MOS 2013の”より現実に近い操作”という特色を活かしつつ、より広範囲な操作スキルを問う形式に改善されました。マルチプロジェクトの「プロジェクト」は、操作を行うファイルを示します。

現在実施中のMOS 2010や MOS 2013とも試験の出題形式が異なりますが、WordやExcel、PowerPointといったOfficeアプリケーションの「操作能力をはかる」という試験コンセプトに変わりはありません。同様に出題範囲も、MOS 2010、MOS 2013と同等のレベルが設定されています。

新しいMOS 2016の試験形式「マルチプロジェクト」は、5個~7個の「小さなプロジェクト」で構成されます。ひとつのプロジェクトには4個~7個の「タスク」と呼ばれる問題が含まれており、プロジェクトごとに一つのファイルが開き、そのファイルに対して指示された操作を行います。各プロジェクトは互いに独立しているので、1番目のプロジェクトで行った操作が、2番目のプロジェクトに影響することはありません。

MOS 2016の試験画面のサンプル画面はMOS公式サイトに掲載されています。

MOS2016:おすすめテキスト(3月17日発売予定)

Microsoft Office Specialist(以下MOS)2016 対応書籍を、2017 年3 月17 日(金)より発売します。

MOS Excel 2016対策テキスト& 問題集(FPT1617)

 

MOS Word 2016対策テキスト& 問題集(FPT1618)

 

MOS2016 Word、Excel以降は申し込み開始時期がこれからなのでテキストも随時発売されます。

MOS2016試験科目の開始時期は?

スタート

Office 2016バージョンの試験科目、試験開始時期、受験料は次のとおりです。

【スペシャリストレベル(一般)】

試験科目 開始時期 価格
Word 2016 申込み受付中

一般価格:10,584円(9,800円+消費税8%)

学割価格:8,424円(7,800円+消費税8%)

Excel 2016 申込み受付中
PowerPoint 2016 2017年3月以降
Access 2016 2017年4月以降
Outlook 2016 2017年4月以降

【エキスパートレベル(上級)】

試験科目 開始時期 価格
Word 2016 Expert(上級) 2017年3月以降

一般価格:12,744円(11,800円+消費税8%)

学割価格:10,584円(9,800円+消費税8%)

Excel 2016 Expert(上級) 2017年3月以降

テキストの後半にある模擬試験が本番さながらの役割を果たせる

模擬試験の流れについて

①試験回とオプションを選択し、試験開始をする

画面1

②問題に回答する

画面2

③試験結果画面で採点結果や正答率を確認する

画面3

④解答確認画面でアニメーションやナレーションを確認する

画面4

⑤試験履歴画面で過去の正答率を確認する

画面5

これを第1回~第5回模擬試験をした後にちゃんと身についているかをランダム試験で確認します。

ランダム試験をすると、見直した回答を間違うことがあります。

しっかり繰り返すことで身に付きます。

MOSの概要や本試験に挑む前の試験イメージの確認、心構えなど、きめ細やかな配慮が行き届いている

試験イメージの確認

「模擬試験プログラムが本試験との試験画面とは異なるので、混同しないように注意してください」とテキストには記載してあります。

それは本試験の画面が試験システムの変更等で、予告なく変更されることがあり、実試験の試験画面に表示される注意事項をよく確認する必要があります。

また、普段使い慣れている自分のパソコン環境と試験のパソコン環境がどれくらい違うのか、あらかじめ確認できるように本試験のパソコンに関する情報もしっかり記載されています。

試験の心構え

本試験ではシーンと静まり返った会場にキーボードをたたく音だけが響き渡り、思った以上に緊張したり焦ったりするものです。

テキストでは本試験への心構えが記載されています。

①他人は気にせず、自分のペースで解答する

②時間配分を考えて回答する

③問題文をよく読んで不要な操作はしない

④試験日に合わせて体調を整える

⑤早めに試験会場に行く

FOM出版テキストは試験対策だけでなく、きめ細やかな配慮が行き届いています。

安心してこのテキスト1冊でMOS試験に挑んでください。

まとめ

オフィス

MOSにFOM出版テキストが有効な3つの理由とは

1.MOS2010、2013、2016の出題形式の変化にしっかり対応していること

2.テキストの後半にある模擬試験が本番さながらの役割を果たせること

3.MOSの概要や本試験に挑む前の試験イメージの確認、心構えなど、きめ細やかな配慮が行き届いていること

FOM出版のテキストは、本試験を徹底的に分析した模擬試験でしっかり試験対策出来るだけでなく、受験者目線の合格に導くアドバイスが満載のテキストなのです。

自信をもってMOS2016を取得しましょう!

MOSに関する他の記事はこちら↓↓↓

>>MOS 2010 パワーポイントの難易度は?たった1日の独学で合格!

>>履歴書に書くMOSの正式名称は?MCAS、MOUSも同じ?

>>MOS受験料が高いのはなぜ?安く済ませる方法を知りたいあなたへ

>>MOSマスターを履歴書に書くと就職に有利なのか?

>>MOS資格を履歴書に書こう!理由は受験日にすぐ書ける資格だから

>>MOS独学の勉強時間は?初心者と経験者ではこうも違う!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする