MOSマスターを履歴書に書くと就職に有利なのか?

シーソー

こんにちは。ひちです。

MOSの試験を受けようと調べていたらMOSマスターという言葉を知りました。

MOSマスターを取得すると、複数のアプリケーションを効果的に使えるスキルが身につくため、仕事や作業の効率アップが図れます。

MOSマスターを取得した方の声としてMOS公式ページでは次のように書かれています。

「オフィス マスター取得という結果が、自分自身の自信にもつながった」
「複数科目の合格を目標にするので、取得後の達成感が違う」
「いろいろな仕事を任せられるようになり、上司や同僚からの信頼感が高まった」
「総合的なスキルや複数科目の挑戦結果を客観的に提示でき、就職や転職活動に有効だった」

どのようにすれば、MOSマスターになれるのか?

MOSマスターを履歴書に書くと就職に有利なのか?

考えるきっかけにして頂けると幸いです。

スポンサーリンク

MOSマスターとは?

優勝、王冠

正式には

Microsoft Office Specialist Master/マイクロソフトオフィススペシャリストマスター

または

Microsoft Office Master/マイクロソフト オフィス マスター

とも言います。

略してMOSマスターは、同一バージョン内(Office 2016、Office 2013、Office 2010)で所定の4科目に合格した方に贈られる栄えある称号です。

複数のアプリケーションソフトの総合的なスキルを証明するマイクロソフト オフィス マスターの認定証が発行されます。

MOSマスターって日本でどのくらいいるの?

人口

MOSマスターの累計認定者数は7万人を超えました。

累計認定者数は

78,805名(2016年12月31日現在)

2015年12月31日では75,052名でしたので年間3,753名の増加です。

日本国内のマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)実施に関するデータから抜粋いたしました。

ちなみに、MOSの累計受験者数は、380万人を超えています。

累計受験者数は

3,851,718名(2016年12月31日現在)

2015年12月31日では3,678,598名でしたので年間173,120名の増加です。

この人数は「合格者」ではなく「受験者」であること(つまり不合格者を含む)及び「累計」であるため以前のバージョンの受験者も含んでいることに注意が必要です。

MOS試験を受験した方でマスターまで取得された方は、約2%です。

また、日本の総人口は、1億2693万3千人平成28年10月1日現在)で、そのうち15~64歳人口は 7656万2千人です。

日本の人口15~64歳の方でMOSマスターを認定されている方は、約0.005%です。

この数字、あなたならどうみますか?


取得に必要な条件とは?

歯車 選択


Officeのバージョンにより取得に必要な科目が変わります。



MOS 2016マスター


Office2016バージョンの一般スキルから上級スキルまで、総合的なスキルを証明します。

[必須科目]

Word 2016 Expert(上級)
Excel 2016 Expert(上級)
PowerPoint 2016

[選択1科目]

Access 2016 または Outlook 2016

[受験料合計額]

一般価格 43,200円
学割価格 35,200円

MOS 2013マスター


3つのマスターコース(Wordコース、Excelコース、エキスパートコース)のうち、いずれかを取得することにより、認定されます。

【Word コース】

Wordコースは、Wordの上級スキルを取得することに焦点を当てます。これにExcel 2013(一般)と選択1科目を取得することで、複数のOffice アプリケーションを使いこなすスキルを証明します。営業、マーケティング、法律関係、ジャーナリズムなどの分野でのキャリアを目指す人に適しています。

[必須科目]

Word 2013エキスパート Part 1
Word 2013エキスパート Part 2
Excel 2013

[選択1科目]

PowerPoint 2013 、Access 2013、Outlook 2013のいずれか

[受験料合計額]

一般価格 39,200円
学割価格 31,200円

【Excelコース】

Excel コースは、Excelの上級スキルを取得することに焦点を当てます。これにWord 2013(一般)と選択1科目を取得することで、大規模なデータの取り扱いや、Officeを使ってデータを扱う業務に必要なスキルを持っていることを証明できます。会計、財務、データベース管理、調査などの分野でのキャリアを目指す人に適しています。


[必須科目]

Excel 2013エキスパート Part 1
Excel 2013エキスパート Part 2
Word 2013

[選択1科目]

PowerPoint 2013 、Access 2013、Outlook 2013のいずれか

[受験料合計額]

一般価格 39,200円
学割価格 31,200円

【エキスパートコース】


WordとExcelの上級スキルを持っていることをアピールする場合は、エキスパートコースが適しています。
Word、Excelの両方でエキスパートレベルの取得が必要です。

[必須科目]

Word 2013エキスパート Part 1
Word 2013エキスパート Part 2
Excel 2013エキスパート Part 1
Excel 2013エキスパート Part 2

[選択1科目]

なし

[受験料合計額]

一般価格 39,200円
学割価格 31,200円

MOS 2010マスター


Office2010バージョンの一般スキルから上級スキルまで、総合的なスキルを証明します。

[必須科目]

Excel 2010 エキスパート
Word 2010 エキスパート
PowerPoint 2010

[選択1科目]

Access 2010またはOutlook 2010

[受験料合計額]

一般価格 43,200円
学割価格 なし

取得条件を満たした方にマスター認定証が無料で発行されます。

2017年3月時点の取得条件と受験料合計額になります。

受験料の内訳はこちらの記事をごらんください↓↓↓

>>MOS受験料が高いのはなぜ?安く済ませる方法を知りたいあなたへ

MOSマスターの認定証に関する5つの疑問!

5つの花

1.科目ごとに受験者IDが異なる場合はどうなの?

2.科目ごとにバージョンが異なる場合はどうなの?

3.改姓しましたが、改姓前に取得した科目がある場合はどうなの?

4.認定日はいつになるの?

5.履歴書への記載方法は?

科目ごとに受験者IDが異なる場合はどうなの?

複数の受験者IDでマスター認定条件の試験科目を取得されると、認定証は自動発行されません。

MOS公式ページの「受験者IDの統合」ページから「受験者ID」の統合を申請が必要になります。

「受験者ID」が1つに統合されたのちに、「Master認定証」が自動的に発行されます。

科目ごとにバージョンが異なる場合はどうなの?

オフィス マスターは、同一バージョンで規定の科目に合格することが認定条件になります。バージョンが混在していると認定条件を満たしたことになりません。

私のようにWord2007、Excel2007、Powerpoint2010とすでに混在して持っている方は、2パターンの取得方法があります。

①2010のバージョンに合わせて取得しなおす。(2007は終了の為)
②最新バージョン2013、2016で取得しなおす。

わたしの場合は、現状、自分のパソコンにオフィス2016が入っているため、2016で取得しなおします。

改姓しましたが、改姓前に取得した科目がある場合はどうなの?

改姓により受験者IDを取得しなおした場合はオフィス マスターに自動認定されません。改姓にともない認定申請された方は、ご本人様確認のため身分証明書を提示いただく場合があります。

基本、自動認定の対象とならない方は、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスターについて」の[認定証の発行]でオフィス マスター認定申請の方法をご確認ください。

認定日はいつになるの?

オフィス マスターに自動認定された場合は、認定条件の試験科目のうち、最後の科目に合格した日付が認定日となります。

複数の受験者IDを統合するなど、マイクロソフトに申請したのちに認定された場合は、申請日が認定日となります。

履歴書への記載方法は?

履歴書に記載する場合は、以下のように表記します。

[例1]

Microsoft Office Specialist Master 取得

[例2]

マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター 取得

資格名「Microsoft Office Specialist」の短縮表記「MOS」を使用して、以下のように表記しても結構です。

[例3]

MOS Master 取得

[例4]

MOS マスター 取得

まとめ

夕日

MOSマスターは、同一バージョン内(Office 2016、Office 2013、Office 2010)で所定の4科目に合格した方に贈られる栄えある称号です。

MOSマスターの取得条件をクリアすると、複数のアプリケーションソフトの総合的なスキルを証明するマイクロソフト オフィス マスターの認定証が発行されます。

MOS試験を受験した方でマスターまで取得された方は、約2%です。

日本の人口15~64歳の方でMOSマスターを認定されている方は、約0.005%です。

MOSマスターは希少価値あります!

そこに価値を見出す方は、MOSマスター認定証を取得し、就職活動に是非役立たせてください。

MOSに関する他の記事はこちら↓↓↓

>>MOS 2010 パワーポイントの難易度は?たった1日の独学で合格!

>>履歴書に書くMOSの正式名称は?MCAS、MOUSも同じ?

>>MOSテキストはFOM出版の対策テキスト&問題集のみでOK!

>>MOS受験料が高いのはなぜ?安く済ませる方法を知りたいあなたへ

>>MOS資格を履歴書に書こう!理由は受験日にすぐ書ける資格だから

>>MOS独学の勉強時間は?初心者と経験者ではこうも違う!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする