ジャガイモの植え付け時期、植え付け方は地域に合わせるがよし!

ジャガイモ

こんにちは。ひちです。

2017年4月1日(土)の午前中、ジャガイモを植えました。

毎年ジャガイモの植え付け時期は、近所の畑が植え始めたりすると、我が家もそろそろするか・・・という感じになり、ジャガイモの植え付けをします。

ジャガイモの植え付け前には、土の準備は必要なので、3月中旬から準備しました。

今回はジャガイモの植え付けの仕方をお話します。

今回から娘も加わり、鍬(くわ)をもって頑張ってくれました。

ジャガイモの植え付け時期

ジャガイモは春植えと秋植えがあります。

我が家では春植えしかしていません。

通常、春に植えるジャガイモの植え付け時期は2月中旬から3月と言われていますが、地域によって少しずれます。

ジャガイモは寒さに弱いので、北陸では2月中旬から4月上旬の霜が降りていないときに植えます。

2月下旬から4月上旬(中間地)

新潟を除く関東甲信越、中部、東海、近畿、中国地方、石川県と富山県を除く北陸地方

4月上旬から5月中旬(寒冷地)

北海道、東北地方、新潟県、富山県、石川県と高冷地

2月中旬から3月下旬(暖地)

四国、九州、沖縄県

ジャガイモの植え付け方

基本、ホームセンターなどの園芸コーナーにある専用の種イモを使用します。

このように種イモは買ってきてもいいですし、前年の残りのジャガイモを種イモとして使っても大丈夫です。

しかし、前年の残りのジャガイモは病気にかかっている可能性もあります。

専用の種イモを使って、畑のスペースにゆとりがあったら前年の残りのジャガイモを使います。

①種イモを1~2回カットします。

種イモ

②もみ殻の灰をカットした部分につけます。

もみ殻

③芽の出ている部分を上にして30㎝おきに置いていきます。

植え付け

④もみ殻を上からかけます。

もみ殻かけ

⑤種イモと種イモの間に肥料を置きます。

肥料

⑥両サイドのから土をかぶせます。

土かけ

以上、本日のジャガイモの植え付けは終了です。

土のかぶせ方を娘に伝授しました。

まとめ

ジャガイモの植え付け時期は地域や気候にあわせます。

ジャガイモの植えつけ方は代々受け継がれてきた方法で行っています。

①種イモを1~2回カットします。

②もみ殻の灰をカットした部分につけます。

③芽の出ている部分を上にして30㎝おきに置いていきます。

④もみ殻を上からかけます。

⑤種イモと種イモの間に肥料を置きます。

⑥両サイドのから土をかぶせます。

次に芽が出てくるまでは、「果報は寝て待て」ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする