資格勉強のまとめノートは役に立たない?記憶に残すノート活用法

書く

こんにちは。ひちです。

資格勉強というとテキストを読みながら重要なところをノートにまとめて覚えていく・・・というイメージがあります。

実際、私も昔はノートを使った勉強法をしていました。

しかし、よく思い出してみてください。

まとめノートってはっきりいって続かないし、最終的にほとんど見ないことないですか?

かつて私も中途半端になったまとめノートが何冊もありました。

スポンサーリンク

まとめノートが役に立たない3つの理由

バツ

1.とにかく時間がかかるから

2.暗記ではなく単なる作業だから

3.資格テキストのほうがまとまっているから

さらに書くことで手が痛くなるし、肩もこります。

ノートをとる作業に時間を使うより、資格のテキストを読んだり、問題を1問でも多く解く時間に割いたほうがいいと思いませんか?

では、この3つの理由を解説していきます。

まとめノートはとにかく時間がかかる

時間

資格のテキストは1000ページ超えるものがたくさんあります。

資格を勉強しようとするとき、学校の授業と同じように、ノートに書いてまとめたり、重要なポイントを赤字で書いたりしたくなります。

でも、よく考えてみてください。

1学年で勉強する教科書よりも分厚い資格のテキストをまとめるということですよ!

講義を受ける時間がなくて、独学している人ならなおさら無理です。

まとめノートが資格勉強の挫折のきっかけになりかねません。

まとめノートは単なる作業

ノート作り

まとめノートを書き出すと、まとめることに集中します。

資格のテキストから自分が重要だと思う部分を抜き出してカラーペンを使ったり、マーカーで囲んだり、何かと楽しい作業になります。

そして、上手にまとめることが出来ましたぁ♪ で大満足。

いやいや、今から内容を覚えていく気ですか?

テキストをまとめたくらいで覚えられるなら問題集は要りません。

何度も問題を解いて自分の記憶に落とし込んでいくことに達成感を感じてください。

まとめノートより資格のテキストのほうがまとまっている

本

学校の授業では、基本、先生が黒板に書いたものをノートに書いています。

黒板には教科書の内容だけでなく、内容をより分かりやすく理解する為の例文だったり、応用だったりと、先生が生徒のためにいろいろ調べて下準備してくれた内容が書かれています。

さらに先生が口頭で「これはテストにでるくらい重要だ」と教えてくれることもノートにチェックします。

よく考えてみてください。

資格テキストは、教科書ではありません。

いままでの資格試験の傾向や最新の基準を網羅したプロがつくったテキストです。

テキスト選びに失敗していなければ、そのテキストがまとめノートと同じなので2つも同じもの入りません!

しかも自分で作るまとめノートはまとまっているテキストをまとめるので資格勉強として見落としを起こす危険もあります。

では、ノートっていらないの?

基本、ノートがなくても困ることはありません。

勉強するぞーと気合いいれてたくさんノートを買っちゃった方のために有意義にノートを使う方法を教えます。

まとめノート以外で活用するのです。

私も気合いいれて5冊組のノートを買っちゃった派なので、私が実際にしたノートの活用法を伝えます。

スポンサーリンク

ノートに「書くことの効果」はどのくらいあるのか?

ノートの活用法の前に、「書くことの効果」について2011年の科学誌「Science」に掲載された研究結果がありますのでご紹介します。

大学生200人に科学に関する短い文章を5分間読んでもらい、3つの指示でグループ分けをしました。

①テスト向けの詰め込み勉強のように何度も読み返すグループ

②題材に関する「コンセプトマップ」(概念等の相関を表す地図)をつくるグループ

③読んだ文章に関する自由形式のエッセイ(小論文、作文)を10分間で書くグループ

1週間後、学生は覚えていることに関する簡単なテストを受け、論理的な結論を引き出す質問をされたところ、1番成績が良かったのは③のエッセイを書いたグループで次に①の詰め込み勉強のグループ、最後に②のコンセプトマップ作成のグループでした。

この3パターンを資格勉強に置き換えてみます。

①何度も読み返す→資格のテキストをひたすら読む

②コンセプトマップ作成→資格のテキストをわかりやすくまとめる

③自由形式のエッセイを書く→資格のテキストを読んで自分の言葉に置き換える

ノートを使うのは②と③です。

②と③がどんなノートになるのかというと・・・

まとめノート(インプット型)

=資格のテキストを覚えようとするノート

置き換えノート(アウトプット型)

=資格のテキストからわかることを書くノート

研究結果では、②のまとめノートより③の置き換えノートのほうが記憶に残ると証明されましたね。

それでは、置き換えノートとは、具体的に何を書くのか?

置き換えノートならぬ、書き捨てノートとして書け!

書きなぐり

資格のテキストを自分の言葉に置き換えるなんてまとめノートよりも根気なことです。

資格勉強における置き換えノートは、資格の問題集を活用して書き捨てノートに転じましょう。

資格の問題集とは、資格のテキストの内容を元に出題される試験対策です。

③の「資格のテキストからわかることを書くこと」は、「問題を解くこと」に置き換えます。

要するに、問題集を解くノート(回答用紙)として使うのです。

ただし、資格の試験形式によります。

簿記の試験は記述形式です。

簿記を受けたときは、問題集についている答案用紙をコピーして何度も問題を解きました。

簿記検定の答案用紙には、残高試算表や決算書など、枠組みや、穴埋めになっているのでわざわざ解答欄をノートに書くのは時間の無駄だからです。

その点、宅建は四肢択一式です。

宅建は4択の選択問題なんですね。回答は数字なので答案用紙をわざわざコピーせずにノートを使いました。

回答用紙をコピーしたのは過去問題集の回答用紙だけです。

※過去問題集はできるだけ本番に近い形で勉強するのが効果的なため

最終的にノートやコピーした答案用紙は捨てますが、問題をたくさん解いた軌跡を見返して自信に繋げることができます。

スポンサーリンク

まとめ

読書

【まとめノートが時間の無駄な3つの理由】

1.とにかく時間がかかるから

2.暗記ではなく単なる作業だから

3.資格テキストのほうがまとまっているから

「書くことの効果」の研究結果からみる3つのグループの成績について

①テスト向けの詰め込み勉強のように何度も読み返すグループ

②題材に関する「コンセプトマップ」(概念等の相関を表す地図)をつくるグループ

③読んだ文章に関する自由形式のエッセイ(小論文、作文)を10分間で書くグループ

1位は、③自由形式のエッセイを書く

2位は、①何度も読み返す

3位は、②コンセプトマップ作成

研究結果では、さらに面白い結果がでています。

3つのグループが学習の自己評価を問われたところ、①と②が③よりも学習の理解度の自己評価が高かったのです。

理解した気分になっていたということですね。

まとめノートはいらない。

すでにまとまっている資格のテキストをしっかり読む。

資格試験に準じた問題集を繰り返し解く。

これで十分です。

学習効率を高める他の記事はこちら

>>>社会人の為の資格勉強時間が短縮できる5つの法則

>>>資格勉強で睡眠時間を削る人へ、1つの習慣で睡眠不足を解消!

>>>資格試験勉強を継続させるコツ。疲労回復力を高める方法。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする