セルフメディケーション税制は人間ドック等の一定の取組が必要!

健康診断

セルフメディケーション税制って「人間ドック」や「定期健康診断」などを受けている人が対象なんですよ!

な~んてきいたことありませんか?

「セルフメディケーション税制」という医療費控除の特例が、2017年1月からスタートしました。

セルフメディケーション税制は、「一定の取組」を行う納税者が、スイッチOTC医薬品を購入した場合に適用される所得控除です。

例えば、人間ドックなどの一定の取組をしている会社員の方が、スイッチOTC医薬品となる風邪薬や頭痛薬などを購入し、年間1万2000円を超えた場合、その超えた金額にその方の所得に対する所得税率をかけた金額が還付されます。

医療費控除の特例なので要件がいくつかあります。
実は人間ドックを受けている全員が「一定の取組」としてみなされるわけではありません。

「一定の取組」とはどんな取り組みなのか?


確定申告の時期になってセルフメディケーション税制の対象者ではないから所得控除が受けられませんではもったいないですよ~!

スポンサーリンク

対象となる人は?

対象者

健康の増進及び疫病の予防の取組として「一定の取組」を行う納税者です。

納税者ということは所得税や住民税を納めていないといけません。

そもそも所得控除をしてこれから払う税金を少なくする、もしくは払いすぎた税金を還付する制度なので当然ですよね。


また、適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、以下の「一定の取組」をされていることが必要です。

 

(1)健康診査

(2)予防接種

(3)定期健康診断

(4)特定健康診断

(5)がん検診

  

この5つの「一定の取組」についてもう少しわかりやすく説明しますね。

 

5つの「一定の取組」

5枚の花びら

セルフメディケーション税制でいう「一定の取組」とは、次の5つの取組です。

(1)健康診査

   ①保険者(健康組合、市町村国保等)が実施する健康診査
     例:人間ドック、各種健(検)診

   ②市町村が健康増進事業として行う健康診査
     例:生活保護受給者等を対象とする健康診査

(2)予防接種

   ①定期接種
     例:肺炎球菌感染症等

   ②予防接種
     例:インフルエンザ等

(3)定期健康診断

   勤務先で実施する定期健康診断(事業主健診)

(4)特定健康診断

   ①特定健康診査
     例:メタボ健診

   ②特定健康指導

(5)がん検診

   市町村が実施するがん検診

※注意点

・任意で受診した健康診査(全額自己負担)はこの「一定の取組」には含まれないこととされています。

・インフルエンザの予防接種は全額負担であっても、「一定の取組」とされます。

 (ただし、日本で認可されていないフルミストは対象外です)

 

「一定の取組」を証明する書類

書類

「一定の取組」とは保険者、事業者及び市町村等が実施する5つの取組のことですが、所得税の確定申告では、その一定の取組を行っていることを証明する書類を添付する必要があります。

一定の取組を証明する書類とは次のどちらか一つです。

・健診等の際の「領収書」

・健診等の際の「結果通知表」

その書類には次の3つが記載されていることが必要です。

①その取組を行った者

②取組を行った年

③取り組みを実施した保険者等の名称

もし、保険者名等記載がない場合は、別途、事業者又は保険者からの証明書が必要となります。

「一定の取組」についてのQ&A

Q&A

Q1. 「一定の取組」は家族全員がする必要がありますか?

A1. 「一定の取組」は確定申告する人が行っていればOK!家族の誰かが「一定の取組」をしていても確定申告する人が「一定の取組」をしていなかったらセルフメディケーション税制の所得控除は受けられません。

Q2. 「スイッチOTC医薬品」を買ったのが5月ですが、会社の定期健康診断は9月でした。定期健康診断前に購入したスイッチOTC医薬品は所得控除対象になりますか?

A2. セルフメディケーション税制は適用する年分にこの控除の要件である「一定の取組」を行っていればいいので、同一年であれば「一定の取組」を行う前の購入分も対象とすることができます。

Q3. 個人的に自己負担で人間ドックを受けたのですが、「一定の取組」になりますか?

A1. 保険者(健康保険組合等)が実施する人間ドック以外の任意のもの(全額自己負担)は、「一定の取組」の対象外とされています。また、このほか市町村が自治体の予算で住民サービスとして実施する健康診査も対象外です。

スポンサーリンク

まとめ

真実見極め

セルフメディケーション税制の対象となる人は、健康の増進及び疫病の予防の取組として「一定の取組」を行う納税者です。

その「一定の取組」とは以下の5つです。

(1)健康診査
(2)予防接種
(3)定期健康診断
(4)特定健康診断
(5)がん検診

確定申告の際は、「一定の取組」を証明する書類が必要です。
「一定の取組」を証明する書類とは、以下のどちらかです。

・健診等の際の「領収書」
・健診等の際の「結果通知表」

保険者(健康保険組合等)が実施する人間ドックは対象だけど、全額自己負担で受けた人間ドックは対象外とは驚きです。

単純に人間ドックを受けたからってセルフメディケーション税制が受けられるというわけではないんですね。

「一定の取組」をしようと思っている方は、よく要件を確認して行うことをお勧めします!

セルフメディケーション税制についての他の記事もどうぞ

>>スイッチOTC医薬品は商品名で選んではダメ!決め手は成分の有無

>>セルフメディケーション税制で確定申告!所得で異なる節税効果

>>スイッチOTC医薬品で医療費控除も可能?控除額の選択方法

>>セルフメディケーション税制と医療費控除!併用ダメなら分けるのは?

>>セルフメディケーション税制で確定申告初心者増加!申告会場大混雑!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする