スイッチOTC医薬品は商品名で選んではダメ!決め手は成分の有無

バファリン商品棚

セルフメディケーション税制を受けるために頭痛薬は「バファリン」が対象だときいたから買ったわ~

な~んて周りの方でいっている人はいませんか?

「セルフメディケーション税制」という医療費控除の特例が、2017年1月からスタートしました。

セルフメディケーション税制は、一定の取組を行う納税者が、「スイッチOTC医薬品」を購入した場合に適用される所得控除です。

例えば、定期健康診断の一定の取組をしている会社員の方が、スイッチOTC医薬品となる風邪薬などを購入し、年間1万2000円を超えた場合、その超えた金額にその方の所得に対する所得税率をかけた金額が還付されます。

 

スイッチOTC医薬品は花粉症の薬や風邪薬、頭痛薬も対象医薬品の例としてあげられています。

バファリンももちろん対象ですが・・・

あれ?
同じバファリンなのに対象外と対象がある?!

そうです!
同じ頭痛薬のバファリンの中にはスイッチOTC医薬品ではない仲間はずれがいるんです。


確定申告の時期になってスイッチOTC医薬品ではないから所得控除が受けられませんでは大変ですよ~!

スポンサーリンク

バファリンは対象医薬品だと思っていたのに・・・

バファリン

「バファリンA」と「バファリンプレミアム」

この2つのバファリンはどちらか片方がスイッチOTC医薬品です。

「バファリンA」が対象外
「バファリンプレミアム」が対象

違いはというと、スイッチOTC医薬品の成分「イブプロフェン」が入っているかいないす。

バファリン裏面

ちなみに「イブA」は対象で、他のイブも対象でした。

イブ表面

イブはすべてに「イブプロフェン」が入っていますが、バファリンは「バファリンA」だけに入っていませんでした。

バファリンAにはイブプロフェンの代わりにアセチルサリチル酸」が入っています。

「アセチルサリチル酸」
痛みを増大させるプロスタグランジンという物質の働きを抑える作用があります。

「イブプロフェン」
痛みを増大させるプロスタグランジンを生成させるシクロオキシゲナーゼという酵素を阻害することでプロスタグランジンを作らないように作用します。

そして、これからの季節の必需品であるムヒにも仲間はずれがいます。

「ムヒS」が対象外
「ムヒアルファEX」が対象

「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」という成分が入っているかいないかですね。

ムヒ表面

ムヒ裏面

安易に商品名でスイッチOTC医薬品の判断をしてはならないようですね。

スイッチOTC医薬品とは

スイッチ

セルフメディケーション税制の対象となる医薬品は、医師によって処方される医療用薬品から、ドラックストアで購入できるOTC医薬品に転用された医薬品(スイッチOTC医薬品といいます)です。

スイッチOTC医薬品は、平成29年1月現在、83成分、約1,500品目あり、厚生労働省のHPに掲載されています。

スイッチOTC医薬品は成分で区分されるので商品によっては対象と対象外があります。

スイッチOTC医薬品はどうやって見分ける

セルフメディケーション税制を受ける場合は、一定の取組を証明する書類のほかにスイッチOTC医薬品であることを証する書類を添付しなければなりません。

スイッチOTC医薬品は、原則としてパッケージにこの税制の対象である旨の識別マーク」が表示されています。

識別マーク

この識別マークを目印に購入し、領収書やレシートを添付して確定申告をすることになります。

識別マークはあくまで目印です。

商品の入れ替えなどの関係でまだ識別マークがパッケージについていない商品もあります。
ドラッグストアによってはPOPなどに「セルフメディケーション税制対象商品」と親切に記載されています。

商品種

識別マークがついていようがいまいが、セルフメディケーション税制を受けるときに商品をみせるわけではないので全く問題はありません。

セルフメディケーション税制を受けるために必要なのは、領収書やレシートです。

スイッチOTC医薬品を購入すると、領収書やレシートに対象医薬品である旨の表示がつきます。

その表示は、購入先によって★マークだったり、(#)マークだったりします。

レシート

いろんなお店でスイッチOTC医薬品を購入してみて、一体何種類くらいのマークがあるのかみるのも面白いですね。

スイッチOTC医薬品は領収書やレシートさえあれば大丈夫というわけではない

領収書

スイッチOTC医薬品であるかどうかは、商品のパッケージに識別マークがついているとか、領収書やレシートにスイッチOTC医薬品である旨がわかるようにマークがついているとか話しましたね。

それでは、手書きの領収書の場合はどうでしょうか?

その領収書には「医薬品代12,960円(うち消費税960円)」としか書いてありません。

答えは、「セルフメディケーション税制の対象になりません」です。

医薬品代だけではスイッチOTC医薬品なのかどうかの判断ができませんので対象外となってしまいます。
領収書やレシートにスイッチOTC医薬品である旨がわかるようになっていることが必要です。

さらに下記の5つの内容が記載されていることが必要です。

①商品名

②金額

③その商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨

④販売店名

⑤購入日

スポンサーリンク

まとめ

スイッチOTC医薬品は、医師によって処方される医療用薬品から、ドラックストアで購入できるOTC医薬品に転用された医薬品です。

対象医薬品には、原則としてパッケージにこの税制の対象である旨の識別マークが表示されています。

領収書には、対象医薬品である旨の表示(購入先によって★マーク、または(#)マークなど)があります。

スイッチOTC医薬品は、商品のパッケージの識別マークや領収書の対象医薬品である旨の表示で確認できますが、セルフメディケーション税制の対象にするためには、下記の5つの要件が記載されているかどうかにかかっています。

①商品名
②金額
③その商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨
④販売店名
⑤購入日

バファリンやムヒなどのように商品名でスイッチOTC医薬品になっているわけではありません。その商品にスイッチOTC医薬品の成分が含まれているかどうかがカギになります。

お買い求めの際は、インターネットで調べるか、お店の方に確認しましょう!

セルフメディケーション税制についての他の記事もどうぞ

>>セルフメディケーション税制は人間ドック等の一定の取組が必要!

>>セルフメディケーション税制で確定申告!所得で異なる節税効果

>>スイッチOTC医薬品で医療費控除も可能?控除額の選択方法

>>セルフメディケーション税制と医療費控除!併用ダメなら分けるのは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする