ホーム

こんにちは、当サイトの管理人のひちです。

「資格は独学で!働く主婦のここだけ勉強法」にお越し下さりありがとうございます。

現在、40代の働く主婦(ワーママ)です。

10年くらい前は、履歴書の資格欄に運転免許の資格しか書けない主婦でした。

30歳過ぎてから「転職の為に」「職場でのスキルアップの為に」と資格取得をしていきました。資格取得の勉強手段は「独学」です。

主婦が「独学」で資格勉強をしていくための心構えや勉強方法、勉強時間などを綴ったサイトになっています。

同じように「独学」で資格取得を志す方の参考になれば、幸いです。

資格勉強のコト

税理士事務所のみならず、企業の総務、会計の仕事をしたいなら基本中の基本である「簿記」を取得されてはいかがでしょうか?

営業、販売の方でも「自分が販売している商品がどれだけ会社の利益になっているのか」という仕組みが分かります。

「簿記」は、社会人にとって必要な知識ですよ。

簿記のコト

パソコンスキルをあげたいならMicrosoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格を取得されてはいかがでしょうか?

私は約10年くらいパソコンを触っていなかったところから受けました。

パソコンを使う職場なら、仕事の効率にも繋がるので取得しておきたい資格です。

受験してその日のうちに合否がわかり、すぐに履歴書に書けますので就職活動にも一役かってくれます。

マイクロソフトオフィススペシャリストのコト

法律系資格の登竜門といわれる「宅地建物取引士」の資格は、民法や税法が関わってくるので、一気に知識の幅が広がります。

税理士事務所では直接使うことはありませんが、宅地建物取引業を営む事務所では5人に1人以上宅地建物取引士がいなければならないので、そちら方面の就職には有利になりますね。

宅地建物取引士のコト

税理士事務所に転職し、仕事上、必要な知識を得るために、「巡回監査士補」の資格を中級職員研修として受けます。

さらに知識を高めたい方は、上級クラスの「巡回監査士」の資格を目指しましょう!

巡回監査士のコト

相続、税務に関することなど、法律系の仕事をされるなら知っておきたいコトや、社会人ならこんな言葉や仕組みを知っておくといいコトをテーマに、働く主婦ならではの視点でご紹介しています。

中には、子供とのほのぼの話もありますが、働く主婦にとって家族を守ることや家事や育児の充実、時短ワザは必須ですよね。

働く主婦の知りたいコト知っておきたいコト

ここで、当サイト管理人である”ひち”のこれまでの道のりを紹介いたします。

30代に結婚、出産を経て、子供が3歳になり幼稚園に入るまでの間、正社員で事務職に転職することを目標に資格勉強を始めました

簿記のぼの字も知らないところから本屋さんでテキストを自分で選んで購入し、独学で簿記3級の資を取得しました。

簿記2級は1度は落ちたものの2度めで合格

そのまま、簿記1級の勉強も始めましたが、転職に向けてハローワークの職業訓練に参加したため、勉強途中で断念。

職業訓練にて、Microsoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)のワード、エクセルの資格を取得し、職業訓練期間が終わる前に税理士事務所へ転職できました!

その後、税理士事務所に勤めながら、巡回監査士補の資格Microsoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)のパワーポイントの資格を取得しました。

税理士事務所で直接使うことはありませんが、相続関係の知識を深めるために宅地建物取引士の資格も取得し、日々知識を広げ、仕事に活かしています。

働く主婦になっても、常に学び続けていきたい!!

同じ思いを持っている方に向けて、私がおこなってきた資格勉強方法と、働く主婦として家族を守るために知っておきたいことなどをお伝えできるように日々綴っています。

よかったら、当サイトをいろいろ見ていってください。


宜しくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする