簿記3級の独学って難しい?苦手意識をなくす3つの方法

簿記とは? 簿記3級

 

 

簿記3級を取るように会社から言われた

経理の求人で簿記3級が資格要件だから

税理士を目指してまずは簿記3級から

 

 

知識ゼロ、1から簿記3級を勉強しようとする時、 スクールに行けば簿記のいろはから教えてもらえることでしょう。

 

しかし、簿記3級を独学で勉強しようとすると、 途中で分からなくなって挫折される方も少なくありません。

 

 

私は、簿記3級と簿記2級を独学で合格して、税理士事務所に転職しました。

 

簿記3級を独学で勉強した時は、正直無我夢中で、簿記3級で出てくる仕訳や残高試算表などがどんな役割を持つものなのか全くわかりませんでした。

 

そうです。

 

簿記3級はよく分からなくても、独学で合格できるのです。

 

そして、仕事で使っていくことではじめてわかっていくのです。

 

私は、勉強時間1日1~2時間勉強期間2か月で、簿記3級に独学で合格しました。

 

簿記3級の勉強中は、「簿記3級を独学でするのは難しい!!」と何度も挫折しそうになりました。

 

今思えば、簿記3級で学ぶことがどんなことにつながっていくのかという全体像がみえていたら、苦手意識を持たずにもっとスムーズに勉強をすすめることができたに違いありません。

 

 

初心者だけど簿記3級を独学で勉強してみよう!

以前挫折したけど、再チャレンジしよう!

 

 

そう思っても、簿記3級を独学で勉強するのはちょっと不安だなぁと思う方のために、少しでも苦手意識をなくす3つの方法をお伝えします。

 

 

 

スポンサーリンク

簿記3級独学でも大丈夫!苦手意識をなくす3つの方法

3つの方法

 

知識ゼロの方が、一から簿記3級の勉強を独学でしはじめたとき、聞きなれない用語と仕訳に頭を抱えます。

 

見たことがない世界は、無意識に苦手意識がつくものです。

 

それでも何度もくりかえし問題を解き、簿記3級を合格できたとしても、自分が学んできたことが何の役に立つのか?正直わからないままの方もおられます。

 

私もその一人でした。

 

私は簿記3級に合格し、簿記2級も合格したあと税理士事務所に再就職します。

 

仕事をしていくうちに、簿記ってこういうことにつながっていくんだと徐々にわかりました。

 

簿記3級を独学で勉強するときは、いきなり簿記の勘定科目や仕訳をみるのではなく、先に簿記3級で学ぶことってこういうことになんだと全体のことを少し知ってからはじめたほうが理解度が増します。

 

簿記3級を独学で勉強される方のために、苦手意識をなくす3つの方法をご紹介します。

  1. 簿記3級で学ぶ仕訳は何の役に立つか知っておこう!
  2. 簿記は算数じゃない。パズルのピースだ!
  3. 慣れない用語も、毎日会えば顔見知り。コツコツ解いていこう!

 

それでは、順番に話していきますね。

 


簿記3級で学ぶ仕訳は何の役に立つか知っておこう!

決算書

 

簿記3級が難しいと思うのは、簿記3級の知識が何の役に立つかわからないからです。

 

簿記の「仕訳」からできるのは、「貸借対照表」「損益計算書」です。

 

貸借対照表は、現時点の会社の財務状況を知るためのもの、損益計算書は、一定期間の会社の経営成績を知るためのものです。

 

  • 貸借対照表は、現時点の会社の財務状況を知るためのもの
  • 損益計算書は、一定期間の会社の経営成績を知るためのもの

 

お店を経営していると、「今、お店は儲かっているのか?」「商品を売ったお金はいつ入ってくるのか?」「仕入れた材料の代金はいつ払えばいいのか?」などを把握するために、毎日、現金出納帳や売掛金元帳、買掛金元帳などを書いていきます。

 

そこから仕訳を起こして「仕訳帳」をつくり、科目ごとに集計された「総勘定元帳」ができます。

 

そして最終的に「貸借対照表」「損益計算書」ができるのです。

 

 

簿記3級では「残高試算表」とか「精算表」といった言葉で問題が出されます。

 

 

「残高試算表」とは、現時点の「貸借対照表」と「損益計算書」のことを言います。

 

お店を経営していて、今月の売上目標が達成するためにあとどのくらい売ればいいのか?を知るには、現時点の「残高試算表」が必要です。

 

現時点の経営状態がわかれば、売上が足らないのはいくらか?利益をあげるにはどんな商品が必要か?など、売上の目標確認や仕入れの目安などできます。

 

現状把握や今後の予測も立てやすいということです。

 

 

「精算表」は、「残高試算表」に決算整理となる仕訳を入れた最終的な「貸借対照表」と「損益計算書」になります。

 

最終的な「貸借対照表」と「損益計算書」からこのお店の財務状況や経営成績がわかり、税金の計算もされます。

 

その「貸借対照表」と「損益計算書」を作っているのが簿記3級で学ぶ仕訳なのです。

 




簿記は算数じゃない。パズルのピースだ!

パズル

 

「簿記ができる」ということは「計算ができる」ということではありません。

 

税理士事務所に就職したり、会社の経理に配属されると「簿記3級とっているなら仕訳できるよね」と、あなたは「仕訳ができる」人だと先輩方や上司は受け取ります。

 

私が経験上思う「仕訳」とは、お店の財務状況や経営成績がわかる「貸借対照表」「損益計算書」というパズルをつくるためのピースです。

 

私たちは、パズルのピースを作っているのです。

 

毎日の現金の取引を書いた「現金出納帳」

通帳の取引を書いた「預金出納帳」

売上の取引を書いた「売上帳」や「売掛金元帳」

仕入の取引を書いた「仕入帳」や「買掛金元帳」 など

 

それぞれに書かれた日々の取引を「仕訳」というパズルのピースに変えて「貸借対照表」と「損益計算書」というパズルを組み立てるのです。

 

従って、算数のように難しい計算はありません。

 

電卓があれば十分ですし、今の時代は会計ソフトに仕訳を入れるだけで「貸借対照表」と「損益計算書」をつくってくれるので、「仕訳」というパズルのピースを作るだけで済みます。

 

ただ、会計ソフトで簡単にできるとはいえ、仕組みをわかっていなければなりません。

 

簿記3級では、次の4つのことを学びます。

  1. 「仕訳」という「パズルのピース」を作ります。
  2. 「残高試算表」というその時点の「貸借対照表」と「損益計算書」を作ります。
  3. 「決算整理」という「最後のピース」を作ります。
  4. 「精算表」という「決算整理」が入った「貸借対照表」と「損益計算書」を作ります。

 

 

「仕訳」というパズルのピースから「貸借対照表」「損益計算書」というパズルを完成させるのが、簿記3級で学ぶことです。

 

簿記は算数ではありません。

 

パズルのピースを組み立ててパズルを完成させるだけなのです。

 



慣れない用語も、毎日会えば顔見知り。コツコツ解いていこう!

顔見知り

 

簿記3級の勉強をはじめて戸惑うのは「勘定科目」の聞き慣れない用語です。

 

「現金」「売上」「仕入」と聞くと身近な言葉なのでそんなに抵抗なく「仕訳」ができます。

 

ただし、「減価償却費」「貸倒引当金」は、日常生活で出てくる言葉ではないので、とっつきにくいと思われがちです。

 

 

「減価償却費」は、大きい買い物をした時に一度に費用計上するのでなく、一旦資産に計上し、法律で決められた年数で分割して計上する費用です。

 

例えば、100万円の機械を買ったとします。

 

その機械は使い捨てではありません。

 

何年も使っていきます。

 

その年の経費で全部入れてしまうと、その年の利益は大幅になくなります。

 

そこで、機械100万円を資産計上し、減価償却費という科目で数年にわたって費用計上していきます。

 

 

「貸倒引当金」は、取引先の倒産などにより、売掛金などの将来入ってくるはずのお金が入らなかった時のために計上しておく費用です。

 

法律で決められた方法で、売掛金などの一部を毎年費用計上します。

 

取引先の倒産で売掛金100万円はいらなかったとき、前の年で20万円貸倒引当金を計上していたら、その年の貸倒損失は80万円(100万円ー20万円)になるということです。

 

用語の言葉の意味を聞いても、しっくりこないかもしれません。

 

こういった用語は、聞くだけでなく、書いたり、言葉にしたりすることで、徐々に自分の中に落とし込まれていき、次第に慣れていきます。

 

はじめての人も、毎日会えば、顔なじみになります。

 

会話をすれば、相手のことを知ることができます。

 

まずは、自分から話しかけましょう。

 

1問ずつでもいい。

 

完璧でなくてもいい。

 

毎日コツコツ解いていくと、自然に頭に入ってくるようになります。

 

 

 

スポンサーリンク

簿記とは、日々の取引を帳簿に記入するところからはじまる

仕訳

 

「簿記」とは、「帳簿入する」という意味です。

 

そして、帳簿とは、家計簿のように商売に関するお金の動きを記録するもの。

 

帳簿をつけることで、お金の出入りや数字の動きを見ていることができます。

 

会社の財政状態と経営状態を試算表(貸借対照表と損益計算書)で常に把握して、次の対策を練ることができるようになります。

 

  • 利益を出すために、価格設定をどのようにしたらいいかわかる
  • 製品を作るのに、費用がどれだけかかっているかわかる
  • 無駄遣いしている部分や削るべき部分を見つけることができ、経費削減ができる

 

簿記ができるようになると、作られた試算表から売上や原価、利益、経費の無駄使いなど、会社の経営状態が一目で分かるようになるんです。

 

 

それでは、「帳簿入する」とは、どのようなことをするのでしょうか?

 

簿記は、仕訳という作業で、数多い取引を整える役割をしています。

 

仕訳とは、

「〇月✖日 1000円現金売上

     ↓

「〇月✖日 1000円売上で、1000円現金で入ってきた」

 

 

片方で商品が売れて減り、もう片方でお金が入って増えた

 

このように、商売の取引やお金の流れを書いていくものです。

 

簿記は、ちょっと特別な書き方(=仕訳)で家計簿(=帳簿)を書いているようなものなのです。

 

 

 

 

簿記3級は簿記のほんの入口!独学でも合格できる!

簿記3級合格は難しくない

 

簿記は誰でも受けることが可能です。

 

私は、高校も大学も専攻が商業系ではなかったため、「簿記」という言葉すら知らずに、社会人になりました。

 

私のように簿記初心者でも、1日1~2時間の勉強を2か月して簿記3級合格、簿記2級を1年かけずに合格しています。

 

勉強方法は、本屋さんで自分でテキストを選び、そのテキストを頼りに自宅勉強・・・独学です。

 

それでは、簿記3級を独学で合格するのが難しくない理由を、簿記1~3級の概要を確認してからお伝えします。

 

日本商工会議所のサイトでは、簿記の基準や試験科目、合格基準、受験資格が書いてあります。

 

【各級の基準】

1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。

合格すると税理士試験の受験資格が得られる。 極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析ができる。
大学等で専門に学ぶ者に期待するレベル。

 

2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。

企業の財務担当者に必須。 高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できる。
高校(商業高校)において修得を期待するレベル。

 

3級

ビジネスパーソンに必須の基礎知識。

経理・財務担当以外でも、職種にかかわらず評価する企業が多い。 基本的な商業簿記を修得し、経理関連書類の適切な処理や青色申告書類の作成など、初歩的な実務がある程度できる。
中小企業や個人商店の経理事務に役立つ。

【試験科目・合格基準】

試験科目

制限時間

合格基準

1級

商業簿記・会計学

1時間30分

70%以上

ただし、1科目ごとの得点は40%以上

工業簿記・原価計算

1時間30分

2級

商業簿記・工業簿記

2時間

70%以上

3級

商業簿記

2時間

70%以上

 

【受験資格】

学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。

※2級や1級からの受験や、1・2級、2・3級の併願受験も可能です。

 

 

簿記3級が初心者向きな理由は、ただ1つです。

 

受験科目が1つだけなので、非常に勉強しやすいということです。

 

簿記の試験科目は、4科目あります。

  • 商業簿記
  • 会計学
  • 工業簿記
  • 原価計算

 

簿記3級は、この4科目の中の1科目である「商業簿記」だけなんです。

 

一気に4科目を勉強するより、1科目から負担なく始められます。

 

他の科目をみることがないので、「商業簿記」だけに集中できます。

また、「商業簿記」は、簿記1級にも簿記2級にも試験科目としてあります。

 

簿記3級における「商業簿記」の試験内容は、簿記1級、簿記2級レベルの手前である基本の部分だけなのです。

 

さらに、簿記1級は大学レベル、簿記2級は高校レベルです。

 

ということは、簿記3級は・・・

 

簿記3級は、初心者にとって、少ない負担で受験できる資格なのです。

 

 

 

スポンサーリンク

子育て中だからこそ、簿記3級独学を選択

子育て中でも独学で合格できる?

 

私が「簿記」を選んだ理由は、再就職の為です。

 

約10年ほど前、一人っ子長男の家に嫁いで女の子を出産しました。

 

そして、家庭の事情で、子供が3歳になって幼稚園に預けるまで、私は専業主婦をすることになりました。

 

ということは、子供が3歳になったら再就職することが決まっています。

 

それは35歳になる年でした。

 

今はそれほどではないそうですが、当時は、「35歳転職限界説」と言われていた時代。

 

私が再就職をめざしているのは35歳になる年。

 

再就職のボーダーラインは35歳。

再就職のチャンスは、今回が最後かもしれない。

 

安定した収入が得られるように・・・

長く続けられるように・・・

子供と同じ暦通りの休みがほぼ取れるように・・・

 

この条件に合う再就職先を目標に、3年後に向けて準備する必要があると思いました。

 

ここで掲げた私の再就職先の条件は、3つ!

 

  • 平日勤務の事務職
  • 収入安定の正社員
  • 第一志望は税理士事務所

 

 

とにかく、再就職のために、簿記2級の資格を取りたい!

 

学校を卒業して約10年、勉強をする習慣がない状態からいきなり簿記2級は厳しいかもしれない。

 

一先ず、簿記の入口である簿記3級から受けます!

 

家族に宣言!

 

子育て中だからスクールに行けないし、まとまった勉強時間も取りにくい。

 

簿記3級なら「商業簿記」の1科目だけだし、試験内容も基本の部分だけです。

 

これなら子育て中でもスキマ時間に独学で学ぶことが可能です。

 

私は、その後、簿記3級、2級を合格し、税理士事務所に正社員で就職できました!

 

簿記3級は、子育て中のママでも独学で勉強し、合格することが可能なのです。

 

 

まとめ

勉強中

 

 

知識ゼロの方が、一から簿記3級の勉強を独学でしはじめたとき、聞きなれない用語と仕訳に頭を抱えます。

 

見たことがない世界は、無意識に苦手意識がつくものです。

 

簿記3級を独学で勉強される方のために、苦手意識をなくす方法は次の3つです。

 

  1. 簿記3級で学ぶ仕訳は何になる?
  2. 簿記は算数じゃない。パズルのピースだ!
  3. 慣れない用語も、毎日会えば顔見知り。

 

簿記3級の知識は、何の役に立つのか?

簿記3級で学ぶことってこういうことになんだ!

 

簿記を学ぶ前に、全体のことを少し知っておくと、勉強していても理解度が増し、効率化につながります。

 

 

「簿記」とは、「帳簿入する」という意味です。

 

そして、帳簿とは、家計簿のように商売に関するお金の動きを記録するもの。

 

帳簿をつけることで、お金の出入りや数字の動きを見ていることができます。

会社の経営状態財政状態を常に把握して、次の対策を練ることができるようになります。



簿記の試験科目は、4科目です。

  • 商業簿記
  • 会計学
  • 工業簿記
  • 原価計算

 


簿記3級は、4つの科目の中でも「商業簿記」の1つだけ。

しかも基本的な部分なんです。

 

これなら、独学でもなんとかできそうですよね!

 

あとは、簿記3級を取得する目的が明確であれば、資格勉強の過程で子育てなどで足踏みすることがあっても、勉強を継続することができます!

 

簿記3級は、簿記初心者にとって、いろんな資格試験の中で割と取得しやすい資格なのです。

 

 

 

今日は疲れたー!そんな日にも集中力を高め、持続させる方法もあわせてどうぞ♪

>>集中力を持続させる方法!長時間勉強がはかどるポモドーロ・テクニックとは?

>>集中力サプリ!アドラーフォー(ADLER04)の効果や口コミ・最安値はココ!

>>勉強中の音楽は集中できない!集中できる音楽の取り入れ方とは?

 

社会人の資格勉強ってどうしてる?効率的に資格勉強するコツもあわせてどうぞ♪

>>資格勉強にまとめノートは役に立たない?記憶に残すノート活用法

>>資格勉強の仕方!独学で絶対くじけない為の7つの手順

>>社会人の勉強場所はどこがいい?資格勉強に最適な7つの勉強場所!

 

 

 

 

 
あなたにおすすめ
 
この記事も読まれています
簿記3級
スポンサーリンク
資格は独学で!働く主婦のここだけ勉強法

コメント