たった3冊!簿記2級テキストはTAC出版がおすすめ

3本の指

こんにちは。ひちです。

簿記2級の独学に最も重要なテキスト選びは、大きい本屋さんでいろんなテキストの中身をみて決めました。

私が簿記2級のテキストとして選んだのはTAC出版のテキスト&問題集一体型タイプのテキストです。
簿記3級のときと同じテキスト&問題集一体型タイプだけど、簿記3級のときと違うところは、図やイラスト付きの説明で、初めての人にもイメージしやすいこと

独断と偏見で最近のテキスト紹介と選ぶポイントをお伝えしますね~

簿記2級のテキスト紹介

独学で簿記2級を勉強できるおすすめテキストはどんなものがありますか?

私は迷わず、TAC出版のテキストを紹介します。


テキスト選びの基本は

・テキスト
・問題集
・過去問


の全部で2~3冊あるとベストです。

TAC出版の3シリーズの簿記2級テキストと過去問題集、予想問題集を紹介します。

みんなが欲しかったシリーズ

テキスト
みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商2級 商業簿記 第6版 
滝澤 ななみ 著

 


みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商2級 工業簿記 第4版
滝澤 ななみ 著

 



トレーニング問題集
みんなが欲しかった 簿記の問題集 日商2級 商業簿記 第6版 
滝澤 ななみ 著

 


みんなが欲しかった 簿記の問題集 日商2級 工業簿記 第6版 
滝澤 ななみ 著

 

よくわかる簿記シリーズ

テキスト
よくわかる簿記シリーズ 合格テキスト 日商簿記2級 Ver.11.0 
TAC株式会社(簿記検定講座) 編著

 

よくわかる簿記シリーズ 合格テキスト 工業簿記2級 Ver.8.0
TAC株式会社(簿記検定講座) 編著

 


トレーニング問題集

よくわかる簿記シリーズ 合格トレーニング 日商簿記2級 Ver.11.0 
TAC株式会社(簿記検定講座) 編著

 


よくわかる簿記シリーズ 合格トレーニング 工業簿記2級 Ver.8.0 
TAC株式会社(簿記検定講座) 編著

 


過去問題集
よくわかる簿記シリーズ ’17年6月検定対策 合格するための過去問題集
日商簿記2級TAC株式会社(簿記検定講座) 編著

 



スッキリわかるシリーズ

テキスト&問題集一体型
スッキリわかるシリーズ スッキリわかる 日商簿記2級 第9版 
滝澤ななみ 著

 



スッキリわかるシリーズ スッキリわかる 工業簿記2級 第6版 
滝澤ななみ 著

 



過去問題集

スッキリとける 日商簿記2級 過去+予想問題集
滝澤ななみ 監修/TAC出版開発グループ 著

 


予想問題集

第146回をあてるTAC直前予想 日商簿記2級
TAC株式会社(簿記検定講座) 編著

 

この中で私が選んだのは

【スッキリわかるシリーズ】

テキスト&問題集一体型
スッキリわかるシリーズ スッキリわかる 日商簿記2級 第9版 滝澤ななみ 著
スッキリわかるシリーズ スッキリわかる 工業簿記2級 第6版 滝澤ななみ 著

【過去問題集】

スッキリとける 日商簿記2級 過去+予想問題集 滝澤ななみ 監修/TAC出版開発グループ 著

スッキリわかるシリーズの2冊
過去問題集の1冊

全部で3冊です。


簿記2級のテキスト選びのポイント

ポイント1:本の表紙と帯を確認!ちゃんと「新出題区分対応書籍」ってなっていますか?

試験対応

日本商工会議所では、簿記検定試験の出題の基礎的な指針として「商工会議所簿記検定試験出題区分表」(以下「出題区分表」と略す)を昭和34年9月に制定しています。

平成18年4月に、これまでの会計諸基準の設定・改訂および関係法令の制定・改正等を踏まえ、出題区分表を改定したのですが・・・

平成17年6月29日に参議院で可決され成立した会社法(平成17年法律第86号)の制定により、その施行日が平成18年5月と定められたことから同法に関する出題区分表の改定部分の適用を平成19年4月と修正をしてあります。

その後
平成21年4月1日施行
平成22年4月1日施行
平成23年4月1日施行
平成24年4月1日施行
平成25年4月1日施行
平成28年4月1日施行
と改訂が行われています。

平成29年の改訂では次のようなことも書かれていました。

出題区分表

簿記検定試験出題区分表(平成29年度適用)

平成29年2月2日

日本商工会議所は、簿記検定試験での出題にあたって基礎的な指針として、「商工会議所簿記検定試験出題区分表」(以下「区分表」と略す)を制定し、会計諸基準の設定・改訂および関係法令の制定・改正等を踏まえた改定を適宜行ってきました。平成28年度以降の区分表については、企業会計に関連する諸制度の変更への的確な対応に加え、検定試験がより実際の企業活動や会計実務に即した実践的なものとなるよう見直しを行い、平成27年4月に改定予定等を発表しております。

このたび、既に発表している改定予定等に基づき、平成29年度(平成29年6月11日施行の第146回試験から平成30年2月25日施行の第148回試験まで)に適用する区分表は、下記のとおり確定いたします。

なお、平成28年度でもって簿記4級は終了し、平成29年度から簿記初級の施行が開始されます。これに伴い、従来の区分表とは別に初級の出題範囲・内容を掲載するとともに、平成29年度の商業簿記・会計学の区分表において従来4級となっていた内容は3級に統合しています

 



過去に受かった友人からテキストを譲り受けることもしてもいいですが、せいぜい1~2年前にしておきましょう。
その場合は仕上げの過去問だけでも最新版で!

ポイント2:本の後ろのページのところにある奥付を確認しましょう!

奥付①

いつ出版されて最新版がいつ発行されたのか?


テキストや問題集が簿記検定試験出題区分表に対応した内容に改訂されているかどうか、確認することは資格試験勉強において

・新たな本を購入しなければならなくなる

・最新の情報をインターネットで調べなくてはならなくなる

といった二度手間を回避することにつながります。


また、TACのスッキリシリーズのように10年間の実績のテキストであることも確認できます。

奥付②

だいたい裏表紙をめくるとありますが、中のほうに書いてある場合もあるのでしっかりチェックしてください。

ポイント3:買う前に必ずテキストと問題集の中身をみましょう。

まぁ、中身を見ずに買う人はいないと思いますが、テキストや問題集の中身は勉強の継続に一役かってくれます。



まとめ

試験当日までの数か月間、自分にとって楽しく勉強できそうな、見ていても飽きないようなテキストを選ぶ目を養っていきましょう。

簿記2級に関する他の記事はこちら

>>簿記2級勉強時間は簿記3級の倍以上!モチベーションの保ち方

>>簿記2級の合格率はなぜ低い?理由は難易度ではない!

>>簿記2級申し込み期限が過ぎても大丈夫?商工会議所で違う受付期間

>>簿記2級合格のカギは過去問題集にあり!

>>簿記2級合格点を引き寄せた主婦の習慣

学習効率を高める記事はこちら

>>資格勉強で睡眠時間を削る人へ、1つの習慣で睡眠不足を解消!

>>社会人の為の資格勉強時間が短縮できる5つの法則

>>資格勉強にまとめノートは役に立たない?記憶に残すノート活用法

>>資格試験勉強を継続させるコツ。疲労回復力を高める方法。

>>資格勉強の仕方!独学で絶対くじけない為の7つの手順

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする