社会人の資格勉強は辛い!しんどい勉強でも継続できる7つのコツとは?

社会人の資格勉強は辛い!しんどい勉強を継続するためのコツとは? 資格勉強のコト

「社会人で資格を取るために勉強しているが、やる気が継続せず続かない。」
「仕事で時間もないし、勉強が進まない。」

など、社会人にとっては資格勉強は辛いと感じることが多いと思います。

仕事をしている社会人は時間に制約があり、仕事で疲れてしまうとやる気を継続させることも難しいです。

本記事では、社会人が仕事をしながら資格勉強を継続するためのコツと、資格勉強を楽にする方法をお伝えします。

資格勉強がうまくいかない・・・と悩んでいる方は、社会人の資格勉強を継続しやすくなるヒントがみつかるでしょう。

 

スポンサーリンク

社会人が辛い資格勉強を継続するための7つのコツ

社会人が辛い資格勉強を継続するための7つのコツ

社会人だと、仕事に追われ勉強時間が確保できない人も多いでしょう。中には家庭を持っていて勉強時間の捻出が難しい、という方も多いのではないでしょうか。

学生時代は当たり前のようにしていた勉強も、社会人になると少し遠ざかってしまうこともあり、勉強自体が辛く感じてしまう方もいるかもしれません。

まずは社会人が辛いと感じる資格勉強を継続しやすくなるコツを、7つご紹介します。

  1. 毎日少しでも勉強する意識を持つ
  2. 場所を変えてみる
  3. 朝に勉強時間を確保する
  4. リフレッシュする時間も作る
  5. 仲間を作る
  6. 資格が取れた後の自分を想像する
  7. できないことを否定しない

それでは、一つ一つみていきましょう!

 

①毎日少しでも勉強する意識を持つ

社会人が辛い資格勉強を継続するコツの1つ目は「毎日少しでも勉強する意識を持つ」です。

継続が難しい人は、毎日勉強する習慣をつけることが大切です。

資格勉強が辛いと感じるのは、それが習慣化されておらず「いつもと違うことをしなければならない」と頭が判断し、拒否してしまうことが要因として考えられます。

「習慣化ができれば苦労しない」という声が聞こえてきそうですが、1日5分でもいいんです。

参考書を1ページだけ読む
前日勉強したところをおさらいする、など

簡単なことでいいので、毎日資格勉強をするという意識を持っておきましょう。

これを続けていると、反対に勉強していない日にソワソワするようになりますよ。
習慣化する前に1日完全に休んでしまうと「ま、いっか」という気持ちが出てきて、楽な方が習慣化されてしまいます。

資格勉強が習慣化するまで、少なくとも1か月は踏ん張って、1日5分だけでも勉強するように心がけましょう。

 

②場所を変えてみる

社会人が辛い資格勉強を継続するコツの2つ目は「場所を変えてみる」です。

家には誘惑がたくさんあります。テレビにマンガ、お菓子、ソファなど、資格勉強を中断する言い訳が山ほどあり、それに負けてしまっては勉強が進みません。

そのため、場所を変えて勉強するのがおすすめです。

カフェや図書館、コワーキングスペースなど、家の外で勉強することで、集中せざるを得ない状況を作れます。
この時、資格勉強に必要な荷物以外は持って行かないようにすると、より勉強に集中できます。スマホの電源も切っておくくらいでもいいかもしれません。

場所を変えるからには、勉強に集中できる環境を自分で作ってみましょう。

 

③朝に勉強時間を確保する

社会人が辛い資格勉強を継続するコツの3つ目は「朝に勉強時間を確保する」です。

これはタイプにもよりますが、私は朝に勉強をする方が効率がよいと考えています。

朝は比較的邪魔されにくく、静かな時間帯です。

夜に勉強しようと思うと、残業や飲み会など予定が入ったり、仕事で疲れていたりと、なかなか勉強時間を定着させるのが難しいのではないでしょうか。

また、人間は寝ている間に脳内を整理しているため、朝は脳がスッキリとして集中力が上がり、記憶が定着しやすい時間です。朝の早起きは苦手な方も多いと思いますが、これも習慣化すれば苦ではなくなります。

”眠くなるまで制限なくできる”夜とは違い、”出社時間まで”と時間制限があるため、集中力もアップするでしょう。

 

④リフレッシュする時間も作る

社会人が辛い資格勉強を継続するコツの4つ目は「リフレッシュする時間も作る」です。

資格勉強を習慣化することは大切ですが、常に資格勉強ばかりしていると気も滅入ってしまいます。
好きなお菓子を食べたり、好きな音楽を聴いたり、マンガを読んだり、自分をリフレッシュさせる時間も作りましょう。

ここで大切なのが「リフレッシュ時間を決めること」です。

時間を決めなければ、人はどんどんだらけてしまいます。リフレッシュは「また勉強を頑張る気力を養ってるんだ」という気持ちで「毎日勉強をする」という習慣は忘れないようにしましょう。

 

⑤仲間を作る

社会人が辛い資格勉強を継続するコツの5つ目は「仲間を作る」です。

一人では孤独な資格勉強も、仲間がいることで「あの人も頑張っているから」とやる気につながります。

SNSで交流してもいいですし、今はオンラインのコミュニティも盛んなので、同じ資格を取る仲間が集うコミュニティに参加してもよいでしょう。

仲間同士で励まし合えることはもちろんですが、資格勉強でつまづいた部分も気軽に聞くことができます。
また、色々な人の勉強法やモチベーションの保ち方などを知れるのも利点です。

今はオンラインの交流も活発なので、積極的にSNSやコミュニティを活用して資格勉強を乗り切りましょう。

 

⑥資格が取れた後の自分を想像する

社会人が辛い資格勉強を継続するコツの6つ目は「資格が取れた後の自分を想像する」です。

そもそも資格取得を決めたのはなぜだったのか、振り返ってみるのも大切です。
資格を取って何をしたかったのでしょうか。

  • スキルアップのため
  • 給与アップのため
  • 転職のため

人によって理由は様々でしょう。

そして資格を取得できた自分はどうなっているでしょうか?未来を想像してワクワクしながら資格勉強をすることで、モチベーションを維持できます。

 

⑦できないことを否定しない

社会人が辛い資格勉強を継続するコツの7つ目は「できないことを否定しない」です。

完璧主義になってしまうと、資格勉強は続きません。
勉強は分からないからするものです。まずは自分で考えてみることが大切ですが、それでもわからなければすぐに答えを見ましょう。

そして、どうしても分からない問題は捨てるのもありです。資格試験は満点を取らなければいけないわけではなく、合格点を取ればいいのですから。
何度考えても分からない問題に時間を費やすよりも、分かる問題の正解率を上げる方が効率がよかったりします。

できないことにフォーカスするよりも、どうすれば合格できるか?にフォーカスする方が、資格勉強はうまくいきますよ。

 

社会人が資格勉強を辛い!と感じる3つの理由

社会人が資格勉強を辛い!と感じる理由

これまで、社会人が資格勉強を継続するためのコツをご紹介しましたが、そもそも社会人はなぜ資格勉強を辛い!と感じてしまうのでしょうか?

人によって様々な理由があると思いますが、ここでは3つの理由に絞ってみました。

  1. やらされている感が出る
  2. 忙しくて時間が取れない
  3. モチベーションが続きづらい

あなたはどの理由に当てはまるでしょうか。

「なぜ資格勉強を辛いと感じるのか?」

自分を知ることで対策も見えてくるかもしれません。

 

①やらされている感が出る

自分で「資格を取る」と決めればよいのですが、中には「会社で言われたから」「親に言われて」渋々…という人もいるでしょう。
「人に言われたから」資格勉強を始めてしまうと、なかなかやる気になりません。
「自分でやる」と決めないと資格勉強のモチベーションを維持するのは難しいでしょう。

また、そのせいで「資格を取る目的」があいまいになってしまいます。
自分なりの目的や目標がないと資格勉強が辛い、と感じてしまい、目先の快楽に流れがちです。

「資格を取得することで得られるものは何か」を自分なりに考えて、資格勉強の目的を明確にすることが大切です。

 

②忙しくて時間が取れない

仕事が忙しい社会人はなかなか勉強時間が確保できないことも、資格勉強を辛い、と感じる大きな要因でしょう。

夜帰宅してから勉強をしようと思っても、忙しい仕事を終えて疲れていると「今日くらいサボっても・・・」と、勉強が習慣化できず挫折してしまいます。

「資格勉強のコツ」でお伝えした7つのコツで乗り切れるならそれが一番よいですが、あまりに忙しく時間が取れない、体が疲れていて勉強どころではない、という場合、今は資格取得のタイミングではないのかもしれません。

 

③モチベーションが続きづらい

社会人になると、誘惑がたくさんあります。

仕事後に飲み会や、友人とディナーに行ったりということもあるでしょう。
また、今はスマホで何でもできます。SNSを徘徊したり、動画を観たり、音楽を聴いたり、マンガを読んだりと、家での娯楽は様々あります。

また、前述した「やらされている感が出る」「忙しくて時間が取れない」のような社会人ならではの理由もあり、モチベーションが保ちづらい環境です。

社会人は学生の頃のように、周りが勉強できる環境を整えてはくれません。自分で自制し、コントロールすることが大切です。

 

資格勉強の時間が取れないなら電子書籍がおすすめ!

資格勉強の時間が取れないなら電子書籍がおすすめ!

社会人の資格勉強は「勉強時間の確保」が大きな課題になることが多いと思います。
そのため、社会人は効率を重視して資格勉強を進める必要があります。

効率よく資格勉強を進めるための一つとして『電子書籍』がおすすめです!

なぜ電子書籍で資格勉強をするのがよいのでしょうか?

電子書籍で資格勉強をするメリットは次の3つです。

  1. どこにでも持ち運べる
  2. 参考書やノートを開く手間がない
  3. スキマ時間を活用できる

それでは順にみていきましょう!

 

①どこにでも持ち運べる

参考書やノートを持ち運ぶと、カバンの容量もとられ、荷物が重くなります。
資格の種類にもよるかもしれませんが、参考書やテキストのような分厚くて重い本を常に持ち歩くのは大変です。

その点、電子書籍にすればタブレット一台を持ち歩くだけです。

タブレット一台であればそこまで場所も取りませんし、荷物も少なくて済みますので、どこにでも持ち運べます。

 

②参考書やノートを開く手間がない

参考者やノートなどの紙媒体で勉強すると、参考書を開いて手で抑えながらノートに書きとる、といった手間が生じます。そのため、参考書やノートがしっかりと広げられる場所でなければ、なかなか資格勉強を始めることができません。

電子書籍なら、ノートさえ持っておけばあまり場所を取らずに勉強できるため、資格勉強を始めるハードルが低くなります。

少しの手間ではありますが、こういう手間を省いていくことで全体的に効率が上がり、資格勉強がスムーズに進みやすくなります。

 

③スキマ時間を活用できる

電子書籍を持っていれば、タブレットでどこでも参考書やテキストを開くことができます。
社会人にはスキマ時間が意外とたくさんあります。

  • 通勤電車の中
  • 仕事の昼休み
  • 外出時の待ち時間

このような時間をうまく活用することで、社会人の資格勉強が習慣づいてきます。

また、ノートに書いたことを写真などで残しておくと前日の復習もスキマ時間でできますよね。

スキマ時間は積み重なると膨大な時間になります。社会人の資格勉強では時間の使い方が肝です。しっかりと活用して効率よく勉強を進めていきましょう。

 

eBookJapanなら初回半額クーポンありでお得!

eBookJapanなら初回半額クーポンありでお得!

資格勉強の電子書籍ならeBookJapanがおすすめです!

eBookJapanは、マンガを多く取り扱っているイメージですが、参考書や資格教材なども、もちろん取り扱っています。

eBookJapanを使う大きなメリットは、お得なキャンペーンやクーポンです。

参考書は案外高いものも多いので、eBookJapanであれば、お得に電子書籍を購入できて、自己負担をなるべく少なく資格勉強を始めることができます。

>>【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)

 

2022年7月現在のeBookJapanのクーポンやキャンペーンはこちらです。

  1. 初回半額クーポン(最大500円割引)が6回分
  2. 金曜日はPayPay利用で最大50%お得

めっちゃお得なので詳しくお伝えします!

 

①初回半額クーポン(最大500円割引)が6回分

初回半額クーポンは、最大500円の割引が適用されます。

資格勉強用の参考書やテキストの場合、1,500円を超えるものが多いため、ほとんどが500円引きになると思いますが、それでも店舗やネットショッピングで購入するよりも、かなりお得になるでしょう。

しかもこれが6回使用できるため、気になる本も一緒に購入できます。(有効期限は初回ログイン時から60日間です)

 

②金曜日はPayPay利用で最大50%お得

eBookJapanで電子書籍を購入するなら金曜日が一番お得です。

eBookJapan キャンペーン

引用:eBookJapan公式サイト(2022年7月時点のサービスです。新しいサービスは公式サイトでご確認下さい。)

Yahoo!プレミアム会員や、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーであれば更にお得になります。
通常会員であってもPayPayで支払えば30%のポイントが付与されるため、これを利用しない手はないでしょう。

このように、eBookJapanはクーポンやキャンペーンによってお得に参考書やテキストを購入できます。
電子書籍で初期費用を抑えて、かつ効率よく資格勉強を進めていきましょう。

>>【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

まとめ|社会人の資格勉強が辛い気持ちを電子書籍で乗り越えよう!

まとめ|社会人の資格勉強が辛い気持ちを電子書籍で乗り越えよう!

社会人が資格勉強を継続するにはたくさんの壁があります。社会人になれば、時間の制約が多く、やる気も維持しにくいため、どうしても「辛い」と感じることが多いでしょう。

しかし、資格勉強のコツを実践することで、辛い気持ちややる気の続かなさを多少カバーできます。

また、社会人は「効率よく」勉強を進めることが非常に重要です。そのためには、電子書籍に移行することがおすすめです。
電子書籍は、紙の参考書やテキストに感じている「ちょっとした手間」を払拭することができます。

資格勉強のコツと電子書籍を使って、資格取得まで走り抜けましょう!

コメント